「司会」と「進行役」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「司会」と「進行役」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「司会」「進行役」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「司会」とは?

「司会(しかい)」とは、「会やイベントの進行をつかさどることやつかさどっている人」のことを意味する言葉です。

「司会」というのは、「特にテレビ番組・ラジオ番組・結婚式・地域イベントなどにおいて、参加者・観客(視聴者)を盛り上げたり内容を面白くまとめたりしながら進行をつかさどる役割の人」のことを意味しているのです。

「進行役」とは?

「進行役(しんこうやく)」とは、「会・式典・イベントなどの進行をつかさどることやその人」を意味している言葉です。

「進行役」という表現には、「会・イベントで問題(トラブル)が起こらないようにスムーズな進行を助ける役目」の意味のニュアンスがあります。

また「進行役」には、「予定・タイムスケジュール・台本に従って、会(イベント)・物事をスムーズに進行させていく役割やその人」という意味合いもあります。

「司会」と「進行役」の違い!

「司会」「進行役」の違いを、分かりやすく解説します。

「司会」「進行役」「会・イベント・番組などのスムーズな進行を助ける役割やその人」を意味しているという点では類似していますが、「司会」「進行役」と比較すると「そのイベントやテレビ番組の盛り上げ役・まとめ役も合わせてつとめる人」という意味合いが加わる違いがあります。

特にテレビ番組・ラジオ番組・トークイベントなどの「観客・聴衆を楽しませることが目的の番組やイベント」では、「司会」「進行役」よりも「イベントが問題なく進むようにする役割+参加者や観客を盛り上げたり楽しませたりする役割」の意味合いが強まるという違いを指摘できます。

「進行役」「司会」と比べると、「予定・タイムスケジュールに従って問題なく会・イベントの進行を助ける役割やその人」の意味が強くなっている違いがあるのです。

まとめ

「司会」「進行役」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「司会」とは「会やイベントの進行をつかさどること・テレビ番組や結婚式などの進行を盛り上げながらつかさどる役割の人」を意味していて、「進行役」「冠婚葬祭などのセレモニーやイベントが、予定に合わせて問題なく進行するように案内する役目」を意味している違いがあります。

「司会」「進行役」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典