「呆れる」と「呆れ返る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「呆れる」と「呆れ返る」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「呆れる」「呆れ返る」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「呆れる」とは?

「呆れる(あきれる)」とは、「意外な出来事が起きて驚くこと・あっけに取られること」「想定外の物事に対して唖然とすること」を意味している言葉です。

例えば、「彼の非常識な対応に呆れました」「呆れるほどに基本的な知識がない新入社員が入社してきました」などの例文で使うことができます。

「呆れ返る」とは?

「呆れ返る(あきれかえる)」とは、「意外な出来事が起きて非常に驚くこと」「途方もない物事に対してあっけに取られること・茫然自失になること」を意味している言葉です。

「呆れ返る」という表現は「意外な物事にとても驚く」を意味していて、「呆れるの強調表現」として使われています。

例えば、「授業中にうろうろと教室を歩き回る生徒に呆れ返りました」「その店員は呆れ返るような態度を取っていました」といった文章で使用されます。

「呆れる」と「呆れ返る」の違い!

「呆れる」「呆れ返る」の違いを、分かりやすく解説します。

「呆れる」「呆れ返る」はどちらも「思ってもいなかった物事が起こって驚くこと」を意味していますが、「呆れる」よりも「呆れ返る」のほうが「意外な物事(途方もない出来事)に驚く程度が非常に強い」という違いを指摘できます。

「呆れる」という表現は「意外なことが起きて驚くこと」を意味していますが、「呆れ返る」のほうは「予想をはるかに越える途方もない出来事が起きて非常に驚くこと」を意味している違いがあるのです。

「呆れる」「呆れ返る」の違いは「驚く程度(あっけにとられる程度)の強さ」にあり、「呆れ返る」というのは「呆れるの強調表現」になっています。

まとめ

「呆れる」「呆れ返る」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「呆れる」とは「意外な物事が起こって驚くこと」を意味していて、「呆れ返る」「途方もない物音が起こって非常に驚くこと・呆れるよりも驚く程度が強いこと」を意味している違いがあります。

「呆れる」「呆れ返る」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典