「レインブーツ」と「長靴」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レインブーツ」と「長靴」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「レインブーツ」「長靴」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「レインブーツ」とは?

「レインブーツ」とは、「雨天時に履くことを想定して製造されているブーツ」のことを意味しています。

「レインブーツ」には「一定の防水性・撥水性の加工」がされていますが、雨具ではないので完全防水の性能まではありません。

そのため、激しい雨が長く降っていると、「レインブーツ」の内部に水が浸水する可能性があるのです。

また「レインブーツ」には、「一定のファッション性・おしゃれな感じ」がある商品が多くなっています。

「長靴」とは?

「長靴(ながぐつ)」とは、「雨天時に履くために製造されているゴム製で完全防水の丈が長い雨具・靴」のことを意味しています。

「長靴」は雨による浸水を防ぐことを目的にしてつくられた「雨具」なので、激しい雨が降っても長靴上部の履き口から水が入らない限りは、長靴の中に水が入ってくることはありません。

基本的に「長靴」「完全防水性能を重視した実用性のある雨具」であり、「ファッション性・おしゃれなデザイン」にはこだわっていません。

「レインブーツ」と「長靴」の違い!

「レインブーツ」「長靴」の違いを、分かりやすく解説します。

「レインブーツ」「長靴」「雨天時に履くことができる防水性能のあるブーツ(丈の長い靴)」のことを意味している点では似ていますが、「レインブーツ」よりも「長靴」のほうが「防水性能が高い」という違いがあります。

「レインブーツ」「完全防水の雨具」ではなく「一定の防水性能があるブーツ」であり、「長靴」のほうは「主にゴムでつくられている完全防水の雨具(靴内部に水が浸水しない靴)」であるという違いを指摘できます。

また「レインブーツ」には「一定のファッション性・ブランド性」があるものも含まれますが、「長靴」は基本的に「雨(水)を通さないための実用性重視の雨具の靴」である点が違っています。

まとめ

「レインブーツ」「長靴」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「レインブーツ」とは「雨の天気の時に履くことを想定して製造されたファッション性もあるブーツ(完全防水ではないブーツ)」を意味していて、「長靴」「雨の天気の時に履くために製造されている雨具で、ゴム製・完全防水の丈が長い靴」を意味している違いがあります。

「レインブーツ」「長靴」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典