スポンサーリンク

「命」と「魂」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「命」と「魂」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「命」「魂」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「命」とは?

「命」の意味と使い方について紹介します。

「命」の意味

「命」「いのち」または「めい」と読みます。

意味は、「生物が生きていく為の源となるもの」「生きている間の存在」「寿命」「最も大切なもの」「運命」などです。

「命」の使い方

「命」は、日常的には以下の4つの使い方になります。

1つ目は「生物が生きていく為の源となるもの」という意味で、「命がけで挑む」などと言います。

2つ目は「生きている間の存在」という意味で「命ある限り」などと言います。

3つ目は「寿命」という意味で「命が縮む」などと言います。

4つ目は「かけがえのないもの」という意味で、「合コンは見た目が命」などと言います。

上記に共通しているのは、「生物の身体の源であり、肉体が滅びると失われるもの」という点です。

「魂」とは?

「魂」の意味と使い方について紹介します。

「魂」の意味

「魂」「たましい」と読みます。

意味は「生き物の身体の中に宿り、心の動きをつかさどるもの」「心の活力」「なくてはならないもの」「強い精神の意味」などです。

「魂」の使い方

「魂」には数多くの意味がありますが、日常では以下の4つの使い方があります。

1つ目は「生き物の身体の中に宿り、その人の心の動きをコントロールするもの」という意味で、「魂を売る」などと言います。

2つ目は「心を活性化させるもの」という意味で、「魂を込めた一曲」などと言います。

3つ目は「それなしではあり得ないほど大切なもの」という意味で「刀は武士の魂」などと言います。

4つ目は「強い精神の意味」として「大和魂」などと言います。

上記に共通しているのは、「生物の活力の源であり、肉体がこの世から滅びても失われないもの」という点です。

「命」と「魂」の違い!

「命」「生物の身体の源であり、肉体が滅びると失われるもの」です。

「魂」「生物の活力の源であり、肉体が滅びても失われないもの」です。

まとめ

今回は「命」「魂」の違いをお伝えしました。

「命は限りがある」「魂は限りがない」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典