スポンサーリンク

「図書館」と「書斎」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「図書館」と「書斎」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「図書館」「書斎」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「図書館」とは?

「図書館」は、図書、雑誌、録音資料、点字資料などを整理・保管し、利用者が閲覧をしたり、借りたりできるようにしている施設です。

「図書館」には、国立図書館、公共図書館、学校図書館、専門図書館などの種類があります。

日本の国立図書館には、国立国会図書館があり、ここでは日本国内で刊行されるすべての図書が所蔵されています。

公共図書館は、地域住民に図書や録音資料の貸し出しを行っている図書館です。

学校図書館は、学校のカリキュラムに活かすことを目的に設置されています。

専門図書館は、特定分野の資料を集めている図書館や、美術館、博物館、企業などが運営・管理する図書館のことです。

「書斎」とは?

「書斎」は、書き物や読書をする部屋のことで、個人の家に設置されているものを指します。

「書斎」には、書き物や読書をするための机と椅子が置かれていることが一般的です。

その他に、デスクライトや書棚などを設置することもあります。

「図書館」と「書斎」の違い

「図書館」は、図書、雑誌、録音資料などを保管・管理し、人々が利用できるようにしている施設です。

「書斎」は個人宅にある書き物や読書をするための部屋を意味します。

「図書館」は多くの人が利用できるようにされていますが、「書斎」は個人のものです。

まとめ

「図書館」には多くの書籍があり、「書斎」も書籍がたくさんあるイメージがありますが、「図書館」「書斎」は性質や目的が異なるものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典