スポンサーリンク

「地ならし【進撃の巨人】」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「地ならし【進撃の巨人】」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「地ならし【進撃の巨人】」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「地ならし【進撃の巨人】」の意味

「地ならし【進撃の巨人】」とは、「漫画「進撃の巨人」において、パラディ島で暮らす人々が生き残るため、超大型巨人を目覚めさせて他のすべての人類を滅ぼす最後の切り札」

「地ならし【進撃の巨人】」の解説

「地ならし【進撃の巨人】」とは、「パラディ島のエルディア人が周辺国(特に大国マーレ)の攻撃から生き残るため、超大型巨人群を覚醒させて他の全人類を滅亡させる最後の手段」を意味しています。

「地ならし」の漢字表記は、超巨大巨人群が足音を世界に響き渡らせるの意味から、「地均し」ではなく「地鳴らし」になります。

「地ならし」というのは、「壁の中で眠っている超大型巨人群(軍事利用できる巨人)を覚醒させて、エルディア人以外の人類を滅ぼすこと」なのです。

「地ならし」の発動条件は、「始祖を有する者(エレン・イェーガー)」「王家の血を引く者(ジーク・イェーガー)」が接触して「不戦の契り」を解除することにあります。

「地ならし【進撃の巨人】」の使われ方

「地ならし【進撃の巨人】」という言葉は、「漫画『進撃の巨人』において、パラディ島防衛のために、超大型巨人による人類滅亡を遂行する最終手段」の意味合いで使われます。

「地ならし」は『進撃の巨人』の作中だけで使われているキーワードですが、「地ならし」「超大型巨人による人類滅亡」を示唆しているので、「自分以外のすべてのものを破壊・駆逐しても構わない衝動・意図」を意味して使われることもあります。

例えば、「いじめをするような奴らは地ならしする必要がある」「今の世の中、地ならしのようなカタストロフィーが求められているのかもしれない」などの例文で使うこともできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典