スポンサーリンク

「地代」と「借地料」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「地代」と「借地料」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「地代」「借地料」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「地代」とは?

「地代」には、2つの意味があります。

1つめは、土地を借りている人が貸主に支払う料金のことです。

「地代家賃を支払う」のような使われ方をします。

土地を借りる人と貸す人の間では、借地契約が行われます。

そして、定められた料金を支払います。

「地代」には課税されません。

もう一つの意味は、土地を売買するときの価格のことで、地価ともいいます。

「借地料」とは?

「借地料」は、土地を借りる人が貸主に支払う料金のことです。

借地契約を交わし、定められた金額を支払います。

不動産には税金がかかります。

利用をしていなくても、土地を持っているだけで税金はかかります。

貸主側にとっては、借地として貸し出し、「借地料」を得られると、経済的な負担が軽減するメリットがあります。

また、借りる側としては、土地を購入するよりも安い費用で利用できることがあるというメリットがあります。

「地代」と「借地料」の違い

「地代」「借地料」には、同じ意味があります。

土地を借りる人が貸主に支払う料金のことを、「地代」または「借地料」といいます。

しかし、「地代」には土地を売買するときの価格という意味もあり、この点は「借地料」とは意味が違います。

まとめ

「地代」「借地料」は、同じことを意味しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典