スポンサーリンク

「場違いな発言」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「場違いな発言」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「場違いな発言」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「場違いな発言」とは?意味

その場所やその場面でふさわしくない言葉のことです。

「場違い」には、その場所、その場面にふさわしくないという意味があります。

「場」とは、ば、ところのことです。

「違い」には、同じではないという意味と、間違いという意味がありますが、「場違い」という場合は間違い、誤りという意味で使用をしています。

「発言」とは、言葉を出すことや、その言葉のことです。

「発」には、でる、しょうじるという意味があり、「言」には、のべる、ことばという意味があります。

こういったことからもわかるように、「場違いな発言」には、その場面やその場所には間違っている、つまりふさわしくない言葉という意味になります。

「場違いな発言」の概要

言っていいことと悪いことがあります。

社会生活を円滑に営むためには、言ってはいけないことを慎むことが大切です。

しかし、人間は完璧な存在ではないので、ときに言ってはいけない場面で、言ってはいけないことを口に出してしまうことがあります。

たとえば、感染症が拡大している状況なのに、大きなイベントで「たくさんの人を会場に人を入れよう」といった人がいたとします。

感染が拡大しているときには、できるだけ人と人との接触を避けることが望ましいです。

それにもかかわらず、人と人が接触するような状況を作り出すことを勧めるような発言をすることは、そのときの状況にあっていないといえるでしょう。

こういったことを「場違いな発言」といいます。

どういった場面でどういった発言をしてはいけいのか、具体的なルールが決められているわけではありません。

そのため、各自が発言する内容を考える必要があります。

よく考えずに発言をしてしまうと、それを聞いた人たちから、その発言はふさわしくないとされてしまいます。

「場違いな発言」の言葉の使い方や使われ方

その場にふさわしくないことを言う、という意味で使用をします。

その場面、その場所では、それを言うことは間違っているといった場合です。

何が間違っているのか、何が正しいのかは、その発言を聞いた人が判断をします。

「場違いな発言」の具体的な内容は定義されていません。

そのため、その発言を聞いた人がふさわしくないと感じれば「場違いな発言」という言葉を使用することができます。

「場違いな発言」の類語や言いかえ

「ふさわしくない発言」が似ている意味を持つ言葉です。

「ふさわしい」には、よくにあっている、似つかわしいという意味があります。

「ない」と否定をしているので、よくにあっていない発言という意味にあります。

まとめ

社会生活を円滑に進めるためには、言っていいことと悪いことを判断することが大切です。

しかし、人間は過ちを犯すことがあるので、ふさわしくないことを言ってしまう場合があります。

それが「場違いな発言」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典