スポンサーリンク

「外野がうるさい」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「外野がうるさい」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「外野がうるさい」とは?意味

「外野がうるさい」と言う言葉の「外野」とは、野球における「外野手」「外野席」を指す略語です。

そこから転じて、「ある事柄に直接的に関係のない第三者や当事者でない人達」を指す言葉としても、使われる事があります。

「外野がうるさい」と言う慣用句での「外野」は比喩的な使い方の「ある事柄に直接関係ない人達や当事者でない人達」を指し、従って「直接関係ない第三者が色々とうるさく意見を言ったり、関わってくること」を意味します。

「外野がうるさい」事に対して、「外野は黙ってろ」と応じる場合の「外野」も同じ比喩的な意味で使われているものです。

「外野がうるさい」の概要

「外野がうるさい」とは、前項で記載した様に「直接関係ない第三者が色々とうるさく意見を言ったり、関わってくること」を意味しますが、これに惑わされずに、適切に対処できる事は、上手に世渡りするためには必要な事と言えます。

言葉の意味とは直接関係ありませんが、この点について、少し触れておきたいと思います。

まず、外野のうるさい言葉等に惑わされないようにするためには、自分の考えをしっかりと持ち、その信念や信条に自信を持ち、決してぶれないようにする事に尽きるでしょう。

もちろん、人の意見を聞く事も大切ですが、そうした意見も聞いた上で、自分の考えを固めた後には、外野のうるさい言葉に接しても、決してぐらつかない信念を持つ事が大切なのです。

それでも「外野がうるさい」と感じる事は、自分の意思とは関係なく襲って来ます。

どこにでも、自分に関係ないのに、口を挟むのを止められない人が、いるのです。

自分がしっかりとした考えを持っていれば、うるさい外野に対しては、とにかく適当にあしらって、スルーする事が最良の対処方法です。

「外野は黙ってろ」と心で思っても、それを口にすれば喧嘩になるだけで、決して口にするのは得策ではなく、スルーするのが最良なのです。

「外野がうるさい」の言葉の使い方や使われ方

「外野がうるさい」は、『子育てに関して近所のお年寄りが、色々とアドバイスしているつもりで意見を言ってこられますが、時代も違うし、これは外野がうるさいと感 』の様に使います。

「外野がうるさい」の類語や言い換え

「外野がうるさい」の類語や言い換えとしては、『部外者の意見が煩わしい』や『関係ない第三者の雑音がうっとうしい』などが挙げられます。

まとめ

「外野がうるさい」とは、「直接関係ない第三者が色々とうるさく意見を言ったり、関わってくること」を意味します。

この慣用句での「外野」は、野球の「外野」を比喩的に「直接関係ない第三者」を指す意味で使うもので、「外野は黙ってろ」の慣用句の場合も、同じです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典