スポンサーリンク

「大リストラ時代」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「大リストラ時代」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「大リストラ時代」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「大リストラ時代」の意味

コロナ禍により、上場企業の早期・希望退職が急増している状況>
>

「大リストラ時代」の解説

「大リストラ時代」「だいりすとらじだい」と読みます。

意味は「コロナ禍により、上場企業の早期・希望退職が急増している状況のこと」です。

「大リストラ時代」は、少し前までは「もうすぐ日本にやってくる時代」と言われていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、ついに突入したと言われています。

2020年10月には、大手企業が早期・希望退職者募集を前年度の2倍以上に増やして、人員削減する動きがあります。

また、例年までは企業が黒字のうちに建て直しを図る「黒字リストラ」が多かったのですが、現在ではコロナ禍による不況で追い詰められた結果の「赤字リストラ」が急増しているのです。

「大リストラ時代」の使われ方

「大リストラ時代」は、ネット上で経済用語として使われます。

「いよいよ大リストラ時代に入った」「大リストラ時代に覚悟しておくべき点とは」など、ブログタイトルとして使われることが多くなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典