スポンサーリンク

「大手キャリア」と「格安SIM」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「大手キャリア」と「格安SIM」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「大手キャリア」「格安SIM」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「大手キャリア」とは?

「大手キャリア」とは、「自前のモバイル回線網(電波の基地局)を保有して良質な通信サービスを提供している大手の移動体通信事業者(MNO:Mobile Network Operator)」のことです。

日本の「大手キャリア」は、「NTTドコモ・au・ソフトバンクの3社+新規参入の楽天モバイル」になります。

「大手キャリア」は、「通信プランの料金が高め・通信品質が安定していて信頼性が高い・高性能なスマホのセット販売が多い」などの特徴があります。

「格安SIM」とは?

「格安SIM」とは、「自前のモバイル回線網を持っていないMVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)が提供している、割安なSIMカードおよびその通信サービス」を意味しています。

「格安SIM」というのは、「大手キャリアではなくてMVNO(格安スマホ会社)が提供しているSIMカードあるいはその割安な通信プラン」を意味している通信用語なのです。

「格安SIM」は、「通信プランの料金が安め・通信品質が大手キャリアよりは落ちる・SIMカードだけの契約が可能(SIMフリースマホに差して使える)」などの特徴があります。

「大手キャリア」と「格安SIM」の違い!

「大手キャリア」「格安SIM」の違いを、分かりやすく解説します。

「大手キャリア」「格安SIM」はどちらも「スマホ(携帯電話)の通信サービスを提供している通信事業者あるいはSIMカード」を意味していますが、「大手キャリア」とは「自前のモバイル回線を持っているMNOと呼ばれる大手の通信事業者(NTTドコモ・au・ソフトバンク+楽天モバイル(回線の整備途上)」のことです。

「大手キャリア」に対して「格安SIM」というのは、「自前の通信網を持たないMVNO(仮想移動体通信事業者・格安スマホ会社)が提供している大手よりも通信料金が安いSIMカードやその通信プラン」を意味している違いを指摘できます。

「大手キャリア」「通信品質が良くて手厚いサービスを受けられるが、通信料金が高め」で、「格安SIM」「混雑する時間は通信品質がやや劣りサービスは限定的だが、通信料金が安い」という違いがあります。

まとめ

「大手キャリア」「格安SIM」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「大手キャリア」とは「自前のモバイル回線を保有して良質な通信サービスを提供している大手の通信事業者(MNO)」「日本ではNTTドコモ・au・ソフトバンクの3社+新規参入の楽天モバイル」を意味していて、「格安SIM」「大手キャリアからモバイル回線を借りたMVNOが提供している割安なSIMカードおよびその通信サービス」を意味している違いがあります。

「大手キャリア」「格安SIM」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典