スポンサーリンク

「夫人」と「婦人」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「夫人」と「婦人」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

普段から目にする言葉の中に、「夫人」「婦人」という言葉があります。

どちらも「ふじん」と読みますが、その意味合いは違うようです。

この記事では、「夫人」「婦人」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「夫人」とは?

「夫人」とは結婚している女性の事を指します。

または、他人の妻を敬称して呼ぶ言い方です。

言葉に「夫」という言葉が入っていることで、その意味が理解しやすいかもしれません。

「夫人」は誰かの奥様を敬って呼ぶ言い方のため、どこか気品のある印象があります。

というのも、「夫人」はもともと地位が高い既婚女性に対して使われていたようです。

「婦人」とは?

「婦人」とは成人した女性の事を意味します。

古くは結婚した女性のことを「婦人」と言っていたようですが、現在は既婚、独身に関係なく使われています。

また最近では、「婦人」よりも「女性」という言葉で使われる方が多くなってきています。

やはり今でも「婦人」というと、既婚女性の意味合いを含んでいる印象があるのでしょう。

女性の地位の問題解決の一つとして、このように女性の呼び方が変わってきているようです。

時代を経るとともに、既婚女性、成人女性などの呼び方が変わってきています。

今後もさらに変わって行くのかもしれません。

「夫人」と「婦人」の違い

「夫人」「婦人」の違いを、分かりやすく解説します。

「夫人」は既婚者の女性のことを意味しますが、成人を超えている年齢ならば、同時に「婦人」でもあります。

「夫人」は敬称ですが、「婦人」は敬称ではなく、一般的に使われている言葉です。

「婦人~」「~婦人」などと言われる言葉がありますが、いずれも女性に対して使われています。

その中の一つで、「職業婦人」という言葉があります。

これは昔から使われている言葉ですが、働く女性という意味です。

現在は女性も仕事を持っているのが当たり前になってきています。

そのため、あまり「職業婦人」とは言わなくなってきているようです。

まとめ

一昔前までは女性は家庭を守るというのが一般的だった時代は、女性で仕事をしている人があまりいませんでした。

そのため、このように「職業婦人」と言われていたのかもしれません。

「婦人」という言葉は女性が社会進出をするために必要な言葉だったようです。

その理由の一つが、昔は今よりも女性の立場が弱かったこともありました。

そのような中で社会や家庭の中で、女性の地位を向上させるため、意識の高い女性の意味も踏まえて、あえて「婦人」という言葉が使われていたとも考えられます。

現代では一昔前ほど「婦人」という言葉は使われなくなってきているように思います。

それはグローバル化や男女平等の意識の変化などから、日本語よりも英語で表現されることが増えてきているからかもしれません。

女性に関するこのような言葉の表現は、社会や家庭における女性の立場や地位とリンクしていることも多く、非常に興味深いところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典