スポンサーリンク

「夭折の天才」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「夭折の天才」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「夭折の天才」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「夭折の天才」とは?意味

「夭折の天才」の読みは、少し難しいですが「ようせつのてんさい」です。

「夭折」「若くして亡くなること」を意味する言葉で、「天才」は敢えて説明するまでもないでしょうが、「天性の才能や、その才能を持った人」を指す言葉です。

従って「夭折の天才」とは「若くして亡くなった天性の才能を持った人」と言う意味になります。

「夭折の天才」の概要

「夭折の天才」に使われている「夭折=ようせつ」は、一般的には聞く機会の少ない言葉なので、もう少し詳しく説明したいと思います。

「夭折」の熟語に使われている「夭」は若いことを意味し、「折」には枝が折れると言う意味から転じて、死ぬことの意味もあります。

従って「夭折」は前項で記載した様に「若くして亡くなること」の意味となるのです。

ちなみに、全く同じ意味の言葉として「夭逝=ようせい」と言う言葉があります。

「逝」の字は、亡くなることを意味する「逝去」で見慣れた漢字です。

「夭折」「夭逝」の違いは、より尊敬の意を込める場合に「夭逝」を使う事が多いと言える点が挙げられます。

「夭折」とは「若くして亡くなること」指す言葉ですが、「若くして」は何歳までを指すのかの目安はありません。

ただ、「夭折の天才」は、一般的には文学や芸術の分野で「若くして亡くなった天才」を指す場合に使われる事が多く、こうした点から20代や30代で亡くなった天才を指す場合が多い様です。

また文学や芸術の分野では明確に「天才」と決める事は難しいですが、日本の文学界では、石川啄木 や金子みすゞや中原中也や樋口一葉 、また芸術界では青木繁 や瀧廉太郎などが「夭折の天才」と言われる事が多いと言えます。

「夭折の天才」の言葉の使い方や使われ方

「夭折の天才」は『昔は結核は死の病と言われており、夭折の天才と言われる人には、結核で亡くなった人が少なくありません。』や『夭折の天才と呼ばれる小説家や詩人には、凡人には計り知れない苦悩から、自殺した人が少なくありません。』の様に使われます。

「夭折の天才」の類語や言い換え

「夭折」の類語としては、「夭逝」「早世」「 薄命」「早逝」を挙げる事が出来ます。

また「天才」は誰もが知っている言葉で、類語を使うよりも、そのままの言葉が通じやすいので、「夭逝の天才」「早世の天才」「 薄命の天才」「早逝の天才」などと言い換えれば良いでしょう。

まとめ

「夭折の天才」の読みは「ようせつのてんさい」で、「若くして亡くなった天性の才能を持った人」と言う意味の言葉です。

この言葉は、小説家や詩人と言った文学分野の人や、美術や音楽等の芸術分野の「若くして亡くなった天才」を指す言葉として使われる事が多いと言えます。

また「若くして」が、何歳までを指すかは、もちろん決まりがある訳ではありませんが、20代や30代を指す事が多いと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典