スポンサーリンク

「妥当」と「適当」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「妥当」と「適当」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「妥当」「適当」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「妥当」とは?

「妥当」には、適切でよくあてはまっていることという意味があります。

「妥当な結論」のように積極的な意味が含まれています。

「妥」は、やすらか、おおらかという意味がある漢字で、「当」は、あてはまる、道理にかなうという意味がある漢字です。

漢字が示す意味の通り、「妥当」は争い事にはあまり使われない言葉です。

「適当」とは?

「適当」には、3つの意味があります。

1つめは、ある目的や条件にふさわしいこと、あてはまることです。

2つめは、程度がほどよいことやそのさまです。

「疲れないように適当なところで勉強をやめなさい」のような使い方をします。

3つめは、いい加減なことやそのさまです。

「あの人の仕事はいつも適当だ」のような使い方をします。

悪い意味で使われています。

2つめの意味で使われているのか、3つめの意味で使われているのかは、文脈から判断します。

「妥当」と「適当」の違い

「妥当」は適切でよくあてはまっていることです。

「適当」にはいくつかの意味がありますが、ある目的や条件にふさわしいという意味が「妥当」が持つ意味と似ています。

「妥当」はぴったりあてはまることで、「適切」はほどよくあてはまることです。

まとめ

どちらも「あてはまる」という意味が含まれていますが、どの程度あてはまるのかニュアンスが異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典