「姉」と「姐」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「姉」と「姐」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「姉」「姐」の違いを分かりやすく説明していきます。

「姉」とは?

「姉(あね)」とは、「姉妹あるいは姉弟がいる家庭(世帯)において、年下の子が年上の女性に対して使う言葉」のことを意味しています。

「姉」という言葉は、「姉妹・姉弟の血縁関係がある年上の女性」あるいは「兄の妻のような親族に含まれる年上の女性(姉と呼ぶべき親族関係にある女性)」のことを意味しています。

「姐」とは?

「姐(あね)」とは、「血縁関係がなくて義理の家族でもない尊敬している女性(敬意を抱いたり慕ったりしている目上の女性)に対して使う言葉」のことを意味しています。

「姐」というのは、「血のつながりがなく広義の家族にも含まれていないが、何らかの関係性があって尊敬している(慕っている)目上の女性」のことを意味している表現なのです。

「姐(姐さん・姐御)」の漢字表記を使用する具体的な例としては、「芸妓の先輩の女性・水商売や仲居の仕事の先輩の女性・渡世人における兄貴分の妻」などを想定することができます。

「姉」と「姐」の違い!

「姉」「姐」の違いを、分かりやすく解説します。

「姉」「姐」「あね」という同じ読み方をしますが、「姉」のほうは「姉妹または姉弟の血縁関係がある年上の女性・親族に含まれる目上の女性」のことを意味しています。

「姉」というのは、「血のつながりがある兄弟姉妹における年上の女性・兄の妻のような親族」を意味しているのです。

「姉」に対して「姐」というのは、「血縁関係(血のつながり)も広義の家族関係もない年上の尊敬している女性」のことを意味しているという違いがあります。

「姐」という言葉は「姉」と比べて、「血縁関係・家族関係はないが心理的・役割的(上下関係的)に尊敬したり慕ったりしている目上の女性」のことを意味している違いを指摘できます。

例えば、「水商売の先輩の女性・芸妓の先輩の女性・兄貴分の妻(彼女)」などを呼ぶ時には、「姉」ではなく「姐(姐御・姐さん)」の漢字表記を用いるのです。

まとめ

「姉」「姐」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「姉」とは「姉妹または姉弟の血縁関係がある年上の女性・親族に含まれる目上の女性」を意味していて、「姐」「血縁関係・家族関係はないが、尊敬したり慕ったりしている年上(目上)の女性」を意味している違いがあります。

「姉」「姐」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典