スポンサーリンク

「実力テスト」と「定期テスト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「実力テスト」と「定期テスト」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「実力テスト」「定期テスト」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「実力テスト」とは?

基礎学力をチェックするために行うテストのことです。

受験対策にも用いられるため、受験を想定した模擬テストと呼ぶこともあります。

試験を行うタイミングはまちまちで、受験年度には毎月のように行い受験に備えるよう指導する学校も少なくありません。

「定期テスト」とは?

日本国内の学校は一般的に3学期制となるので、それぞれの学期中に中間テストと期末テストが1回ずつ行われます。

この計6回行われるテストを「定期テスト」と呼ぶのが通例です。

学校によっては、日数が短い3学期は期末テストだけ行うという決まりになっていることもあります。

「定期テスト」は評価の基準となり、結果が成績へ大きく反映されます。

「実力テスト」と「定期テスト」の違い

「実力テスト」は、専門業者が作成した市販の問題を用いる試験のことです。

直接指導してくれた先生が作成する問題とは異なり、点数を取り辛い傾向にあります。

「定期テスト」は、教科担任が問題を作成します。

直前に学習した単元の確認テストであるため、「実力テスト」よりも良い点数を獲得できる点が特徴です。

まとめ

いつの時代も子供たちを緊張させるテスト。

それは、「実力テスト」「定期テスト」も同じです。

授業中に、「ここは大事」と暗にテストに出ると匂わす先生たちの仏心が理解できるようになるのは、これらのテストと無縁になってからのこと。

「あのとき、もっと授業に集中しておけば」と後悔した思い出は誰もが持つ共通の苦い経験なのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典