スポンサーリンク

「宴会」と「会食」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「宴会」と「会食」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

飲食を伴う集まりの中に、「宴会」「会食」があります。

どちらも複数人で集まって飲食を行いますが、その違いは意外と知らないかもしれません。

この記事では、「宴会」「会食」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「宴会」とは?

「宴会」とは、さかもりのことで、お酒や料理を飲食しながら、大勢の参加者と楽しく交流することです。

なので、数人の集まりでは「宴会」とは言いません。

「宴会」は会社や町内会、あるいは趣味の仲間など、大勢でお酒を伴う飲食のことです。

歓送迎会や忘年会、新年会、または旅行先などで「宴会」行われることが多いようです。

この時、飲食をしながら集まった参加者同士で、楽しく会話をするだけではなく、余興などが行われることもあります。

参加者が行うこともありますが、他にゲストを呼んで余興が行われることもあります。

特にビンゴ大会などの余興は、参加者全員が楽しめるので盛り上がります。

しかし、場合によってはお酒が入りすぎるなどの理由で、宴会が盛り上がりすぎて「どんちゃん騒ぎ」になってしまうこともあります。

「会食」とは?

「会食」とは、複数人で集まって、一緒に集まって食事をすることを言います。

ニ人以上であれば、「会食」になります。

「会食」は食事がメインとなるので、夕食時とは限らず、日中に「会食」を行う場合もあります。

「会食」「食事会」とも言われます。

また、ビジネスシーンで「会食」が行われる場合もあります。

プライベートでは法事などで、「会食」が行われます。

どちらも、かしこまった「食事会」です。

ですが、これら以外にも親しい人たちで集まった「食事会」も、「会食」と言います。

「宴会」と「会食」の違い

「宴会」「会食」の違いを、分かりやすく解説します。

「宴会」は大勢が集まって、お酒を伴う飲食でコミュニケーションを取りながら、親睦を深めるのが目的です。

一方、「会食」「食事会」とも言い、二人以上の複数人で行います。

「宴会」の場合は少人数の集まりではなく、大人数で行われるのが「会食」との違うところです。

また、「会食」は食事だけの場合もありますが、お酒が含まれることもあります。

しかし、メインは「食事会」なので、お酒で盛り上がってしまう「宴会」とは違います。

「宴会」の場合は、お酒が入ってしまうので、ハメを外してしまうこともあるかもしれません。

周りの人に迷惑をかけないためにも、お酒の飲みすぎには十分に気を付けたいものです。

「宴会」の場合は参加者同士が親睦を図るために楽みますが、「会食」は何らかの目的で行われることが多いようです。

まとめ

1年を通して、多くのイベントがあります。

また、それに伴い、飲食をしながらのさまざまな集まりがあります。

今、流行っている「オンライン飲み会」「オンライン食事会」などはどちらかと言うと「会食」に近いかもしれません。

オンライン上では、参加者は実際に会ってはいませんが、交流を深めることはできます。

今後、オンラインでの飲食は新しい交流の形として定着していくかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典