「寛いでいる」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「寛いでいる」とは?

温泉旅館などに行くと、スタッフの方などに「お寛ぎですか」などと聞かれる事があるかもしれません。

そのような時に、どのように返事をすればいいかが分からない人もいるでしょう。

「寛いでいる」「くつろいでいる」と読みます。

仕事の場面以外で使う事が多く、先述した温泉旅館などで使う事が多い言葉です。

「寛いでいる」という言葉の意味を知ると、自分が感じている感覚を、言葉で説明できるようになるかもしれません。

そこで「寛いでいる」の意味や使い方を紹介して行きます。

「寛いでいる」の意味

「寛いでいる」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「寛いでいる」には、「仕事や心配事などを忘れ、のんびりと振る舞っている様子」という意味があります。

温泉旅館や、海外のリゾート地などに行くと、誰もが感じるのんびりとした感覚の事を「寛いでいる」という言葉にする事ができます。

また、ビーチに面したコテージなどに行った時に、Tシャツと短パンと言った、気軽な格好になる事や、正座をやめて、あぐらをかくなど、楽な姿勢を取る時も、「身軽な服装で『寛いでいる』」という言い回しをします。

「寛いでいる」の言葉の使い方

「寛いでいる」という言葉をどのような場面で使えばいいでしょうか。

例えば、温泉やリゾートなどの出先で、日頃の心配を忘れて、のんびりできていると感じた時に、LINEなどのメッセージに「リゾートで『寛いでいる』ところです」などと書いてみましょう。

また、友達や親戚を自宅に招いた時には、できるだけ自分の家のようにのんびり過ごして欲しいと思うはずです。

そこで「寛いでいますか」などと質問し、緊張しなくてもいい事を、相手に伝えてみましょう。

さらに自分のスウェットなどの部屋着を渡して、「楽な格好になって『寛いでください』」と言う事もできます。

「寛いでいる」を使った例文

「寛いでいる」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「寛いでいる」を使った文章を見る事で、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

「寛いでいる」の例文1

「大きな仕事を終えて、温泉旅館で『寛いでいる』」

この例文は「寛いでいる」という言葉の典型的な使い方を表現しています。

ゆったりと広い浴槽に入り、体にいい泉質のお湯に使っていると、日頃の緊張が徐々に解けて行きます。

さらに大きな仕事を終えた後の解放感が手伝って、何も心配のない、最高の気分でゆったりと過ごす事ができるでしょう。

このような様子は、まさに「寛いでいる」状態と言えます。

「寛いでいる」の例文2

「初めて妻の実家に行ったが、思いのほか『寛いでいる』」

結婚して初めて迎えるお正月やお盆は、妻や夫の実家に初めて出かける事になる人が多いでしょう。

慣れない場所で過ごす数日間は、とても緊張するかと思いきや、思ったよりもずっと、のんびりと振る舞える事に気付く人もいるでしょう。

パートナーの実家が肌に合い、例文のように思いのほか「寛いでいる」と感じる人も少なくないはずです。

「寛いでいる」の例文3

「毎日、仕事を終えて部屋に帰ると、パンツ一枚になり『寛いでいる』」

「寛いでいる」という言葉には、楽な格好や姿勢になり、のんびりするという意味もあります。

この例文に登場する人は、家に帰って楽な格好になる事で、仕事のオンとオフを使い分けるようにしています。

独り暮らしの場合は、パンツ一枚で生活しても、裸で生活しても、基本的に誰にも迷惑を掛けずに済みます。

パンツ一枚になる事で、仕事モードからリラックスモードになれるなら、これほど手軽でお金がかからない方法はないでしょう。

このように切り替え上手で、どこでも「寛げる」タイプの人は、ストレスを溜めずに元気に仕事を続ける事ができそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典