スポンサーリンク

「工務店」と「ハウスメーカー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「工務店」と「ハウスメーカー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「工務店」「ハウスメーカー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「工務店」とは?

「工務店」とは、住宅づくりの職人が集まりお店を経営している特徴があり、オーダーメイドに富んだ家づくりを可能としています。

反面に、家作りに使用する材料などはオーダーを受けてから用意するという手法上、家を作り始めるまでに時間を有し、かつ材料の仕入れまでを一つ一つ工務店側が行うため大量に材料を確保するという方法はとれないが故、材料費がかかるという問題もあります。

「工務店」の使い方

「工務店」は、オーダーメイドで自宅を作る場合に使用されます。

オーダーメイドとは、家を作る側が職人さんと相談することで自由に家をカスタマイズすることを指し、職人さんの度量が高ければ高いほど、オーダーメイドで作り出される家は依頼者の方の要望を多く取り入れることができるのです。

「ハウスメーカー」とは?

「ハウスメーカー」は、住居に使用される素材を手掛ける会社自らが住宅づくりを行っており、ユニットパネルという個々の住居スペースを作り出すユニットを販売することで住居を構成する事業者です。

オーダーメイドで自由にカスタマイズすることはできないことが多いのですが、反面に工事が始まるまでの時間が速いこと、自宅を作り出す材料自体をハウスメーカーの事業者側が用意していることから納期が速く、安い金額で住居を作り出すことができるという利点があります。

「ハウスメーカー」の使い方

「ハウスメーカー」は、納期を短くしたうえで住居を安く建てる場合使用することが多いです。

納期が短くなる理由は、工事を開始するまでの材料をすでにハウスメーカー側が用意しているため、工事を開始する期間が短く、ある程度組み建てられた素材を用いることで工事をさらに短縮するなどの工夫もあるため、工事期間が短いのがハウスメーカーの特徴となります。

「工務店」と「ハウスメーカー」の違い

「工務店」「ハウスメーカー」の違いは、住居を建てるまでの期間を短くする工夫をしているか、オーダーメイドで自由にカスタマイズすることができる住居を作るかという違いです。

実は、工務店もハウスメーカーも住居を作り上げる前の段階である土地探しを行う点は両者ともに請け負います。

ですが、ここからが異なり、工務店は、オーダーメイドに富んだ家づくりを得意とし、ハウスメーカーは自社の自宅を構成する素材を使用することで値段を抑えて家づくりを可能としますが、反面自由性に富んだ家作りは不得意です。

まとめ

「工務店」「ハウスメーカー」の違いは、施工までの期間が異なる点、独自の住居構成素材を用いるという違いが存在します。

工務店は、住居を構成する素材を自らが用意するまで時間を有しますが、ハウスメーカーはハウスメーカー自体が扱っている素材を使用して住居を作り上げるという手法上、施工を開始するまでの期間が短いです。

ですが、工務店側は、家具構成から間取りなど自由に家づくりを執り行えるという利点があるため、ハウスメーカーと、工務店はどちらの住居作成事業者も利点と欠点を有しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典