スポンサーリンク

「希望」と「絶望」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「希望」と「絶望」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「希望」「絶望」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つは誰しも聞いたことがあるはずですが、意外に明確な違いや使い方に関しては説明できる方は少ないでしょう。

そこで今回はこの2つの言葉について説明しますので、是非とも参考にしてください。

スポンサーリンク

「希望」とは?

最初に「希望」の意味をご説明致します。

「希望」の意味とは、生じている事柄に対して達成できるように願う意味があります。

また、自分や所属している団体に対して、今後の発展等を期待する時に対しても使われますので、参考にしていただければ幸いです。

「絶望」とは?

次は「絶望」の意味を解説していきます。

「絶望」の意味とは、上の「希望」とは全く反対の意味を指しております。

希望が何もない状態や絶たれた(断つとも)時や、期待ができなくなってしまうという意味があるのです。

参考にしていただいて、ご自分のスキルアップ等に役立てていただけると嬉しいと感じます。

「希望」と「絶望」の違い

この項目では「希望」「絶望」の違いを解説していきます。

「希望」「絶望」の違いは、上の2つの項目で解説した通り意味に当てはめていくと簡単に違いや使い方が分かってきます。

「希望」とは、基本的にポジティブな展望や達成が非常に期待できる時という意味に使います。

また「絶望」とは、「希望」の真逆を意味しているのです。

すなわち、ネガティブな状況下や達成や遂行が困難な時、期待が全くできない時等に用いられます。

よって使い方の方も、前者の場合は「今後、情報産業は更に飛躍する希望がありますので~」という使い方がしっくりくるでしょう。

また後者の方は、「この状況下では援護を期待するのは絶望的です~」という使い方がイメージをしやすいはずです。

「希望」を使った例文

ここでは「希望」を使った例文を書いていきます。

・『入社当時は希望に満ちていた』
・『希望がある人は申し出てください対応します』
・『ネットビジネスは今後、もっと増えるので売り上げが上がる希望が見えている』
・『彼はこの部活の希望の星なんです』
・『希望は土日休みが欲しいと言っていた』

「絶望」を使った例文

次は「絶望」を使った例文を書きます。

・『彼は絶望から這い上がった人だ』
・『この結果では、勝利するのは絶望的だ』
・『支援を期待するのは、絶望的だと上官が言っていた』
・『人生に絶望した彼は、知らない土地へ旅立った』
・『みんなが絶望しても、わたしは負けない』
以上が「絶望」を使った例文となります。

「まとめ」

最後に「希望」とはポジティブな展開や発展が期待できる時に使うと覚えてください。

そして、「絶望」「希望」の真逆で、期待もできずに、どうすることもできないという時に使います。

以上が「希望」「絶望」の違いや使い方のまとめとします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典