スポンサーリンク

「希望退職」と「リストラ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「希望退職」と「リストラ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「希望退職」「リストラ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「希望退職」とは?

「希望退職」とは役職や会社を辞めるということを自ら進んで申し出ることです。

何故、自分から進んで退職を申し出る必要性があるのかですが、退職を望む企業が将来性がない場合、企業で働くことをやめた方が、後の就職先を探すことができるのです。

ただ、注意を上げておきますが、首の場合も実は退職金をもらうことができますので会社から首を言い渡されても実は退職金をもらうことは可能です。

ただ、両者は早期に退職をしているためいずれも退職金は満額を貰えません。

「希望退職」の使い方

「希望退職」は自ら会社を辞めることを申し出ることで定年退職よりも少ない金額で会社を辞める行為であるため、使い方としては、会社に将来性がない場合、退職するという方法になります。

「リストラ」とは?

「リストラ」は会社から戦力にならないと明確に意思表示され、会社を首になることを指す言葉です。

一応、退職金をもらうことができますが定年退職と異なるため、満額の退職金を手にすることは不可能になります。

なお、「リストラ」は対象者に対して企業側が強制的に言い渡すことが可能です。

「リストラ」の使い方

「リストラ」は対象者を首にしたい場合、言い渡すことができる手段です。

リストラは、対象者を首にすることを表しますので、「リストラ」を言い渡された人物は実質首を言い渡されています。

「希望退職」と「リストラ」の違い

「希望退職」「リストラ」の異なる点は、強制を受けて会社側から辞めるように促されるか、そうではないかです。

「希望退職」は自ら会社を辞めることで会社に将来性がない場合、早めに退職金を受け取り会社を離れる行為です。

一方「リストラ」は会社側から首を言い渡されるため強制で違いは強制であるかどうかという違いがあります。

「希望退職」の例文

・『希望退職を申し出る』
この例は、会社に対して自ら会社を辞めることを申し出ている例です。

この例は、貰える退職金を早めに受け取り企業を去るという例です。

「リストラ」の例文

・『リストラを受けた』
この例は、企業側から戦力外通告を受けています。

「リストラ」は企業側が強制が可能でおそらく正当な理由により首を言い渡されたとします。

まとめ

「希望退職」「リストラ」の違いですが、両者ともにっ会社を去るということでは一致しています。

ただし、「リストラ」側は会社側が強制により対象者を首にすることで会社を去ってもらうことになるため、両者の違いは強制力が働いているかそうではないかです。

また、「希望退職」は、退職金を手にすることが可能な場合とそうではない場合があり、「リストラ」も同様に退職金を手にすることが可能である場合とそうではない場合があります。

なお、企業側は早期に強制的に退職をさせた場合、退職金を多く支払う義務が生じないという利点があるため、早期退職を対象者に強く願うか、強制をするのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典