スポンサーリンク

「弔辞」と「弔電」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「弔辞」と「弔電」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「弔辞」「弔電」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「弔辞」とは?

「弔辞」は(ちょうじ)と読みます。

「弔」は訓読みで(とむら(う))で、人の死を悲しんで遺族にお悔やみを言うこと、または死者の霊を慰め用途追善を営むことを意味します。

また「辞」「ことば」のことです。

つまり「弔辞」は故人への弔の言葉であり、またお別れの言葉でもあります。

主に故人と親しかった人が遺族から頼まれて読むのが一般的です。

「弔辞」が読まれるのは、告別式やお葬儀の時で、お通夜では読まれません。

また「弔辞」は絶対に読まれなくてはいけないものではありません。

小規模な家族葬などでは、省略されることも珍しくありません。

「弔辞」を述べるときには使用してはいけない言葉があります。

「忌み言葉」と言い、「重ね重ね」「くれぐれも」「追って」などがあります。

また正式な「弔辞」は性奉書紙か巻紙に毛筆で縦書きですが、現在は便箋に万年筆やボールペンで書くことも多いようです。

英語では“memorial address”“massage of condolence”と表します。

「弔辞」の使い方

「弔辞」は告別式や葬儀における「故人へのお別れの言葉」で、「弔辞を読む」「弔辞を読み上げる」と表現されます。

「弔電」とは?

「弔電」は(ちょうでん)と読みます。

「弔」の意味はすでに説明しましたが、「電」の意味は「電報」のことで、「弔電報」の略が「弔電」です。

これは遺族に対して、お悔やみの言葉を電報で送ることです。

現在はインターネットの普及により、24時間メッセージを送ることが可能ですが、昔は緊急に連絡やメッセージを伝えたいときには「電報」を使うのが一般的でした。

現在は電報を使う機会は減りましたが、「弔電」「祝電」などのように冠婚葬祭においては利用されています。

英語では“telegram of condolence”となります。

「弔電」の使い方

「弔電」「弔電を送る」だけではなく「弔電を打つ」という表現方法も。

これは電報を「うつ」 という動詞と使うためです。

「弔辞」と「弔電」の違い

「弔辞」「弔電」の違いは明確です。

まず「弔辞」は故人へのお別れの言葉で、告別式や葬儀で読み上げられます。

それに対し「弔電」は、遺族に対するお悔やみの言葉で、電報という形式で送られます。

「弔辞」の例文 ※例文は箇条書き

・『会長の告別式で弔辞を読み上げたのは、彼の古くからの友人でした』
・『心にしみる良い弔辞でした』
・『弔辞を読むときの心得について教えてください』
・『友人代表として弔辞を読ませていただきます』

「弔電」の例文

・『田舎の友人が急逝したので弔電をうちました』
・『弔電の例文集を参考にしました』
・『弔電の申し込み方法がわかりません』
・『たくさんの弔電をいただきました』

まとめ

「弔辞」「弔電」は、はっきりとした違いがあります。

この2つを間違えて使うと社会人としては失格ですので、正しく使えるようにしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典