「引き抜き」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「引き抜き」

ビジネスシーンで活躍されている人の多くは、「引き抜き」という言葉を聞いた事があると思います。

実際に「引き抜き」をされた経験がある人もいるかもしれません。

一方で、「引き抜き」という言葉すら知らない人もいるでしょう。

しかし、誰でもこの先「引き抜き」の場面に出くわす可能性があります。

そこで早い段階で、「引き抜き」という言葉の意味や使い方を知っておきましょう。

「引き抜き」の意味

「引き抜き」はビジネス用語のひとつです。

「引き抜き」には、他社の優秀な人材をスカウトして、自社に引き入れるという意味があります。

「引き抜き」をする側は、以前所属している会社よりも、給与面や待遇が良い提案をして、「引き抜き」をされた人が行きたいと思えるようにします。

一方で「引き抜き」をされた側の会社は、優秀な人材を引き抜かれる痛手をこうむる事になります。

そのため、「引き抜き」を巡る場面では、面倒な問題が起こる事もあります。

「引き抜き」の理由

「引き抜き」はどのような理由で行われるでしょうか。

まず優秀な人材が必要な場合、自社で育てる方法と、他社から引き抜く方法があります。

自社で優秀な人材を育てる事ができない会社は、他社から「引き抜き」をするしかなく、良い条件を提示して自社に来てもらう事になります。

また初めから人材育成のためのコストを掛けず、その分の経費を「引き抜き」に使おうと決めている会社もあります。

このような理由から、「引き抜き」という行為が行われます。

「引き抜き」を使った例文

「引き抜き」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「引き抜き」を使った文章を見て行きましょう。

「引き抜き」の例文1

「Aさんは、前の会社で活躍し『引き抜き』を受けて、この会社にやってきた。 優秀な人だと思うが、まだ環境に慣れていないため苦戦している」

この例文のAさんのように、「引き抜き」をされた優秀な人材も、新しい環境になじめずに苦戦する事があります。

「引き抜き」は、される側にとって、大きなリスクがある事が分かる例文と言えるでしょう。

「引き抜き」の例文2

「憧れのB社から、『引き抜き』の話がきた。 今の会社は居心地がいいが、将来の事を考えると、B社に行くべきかどうか迷うところだ」

この例文に登場する人のように、「引き抜き」を受けて、どのような決断をすべきか迷う人もいるでしょう。

目の前の良い条件や企業名のブランド力だけでなく、将来の事を良く考えて決断する事をおすすめします。

「引き抜き」をされるメリットとデメリット

「引き抜き」をされる側の人には、どのようなメリットとデメリットがあるでしょうか。

それぞれのポイントを見て、自分が「引き抜き」をされる時に役立てましょう。

「引き抜きのメリット」

「引き抜き」をされる時、基本的に前の会社よりも良い条件を提示される事が多いでしょう。

そのため「引き抜き」がそのまま、キャリアアップにつながるケースがあります。

新卒で入った会社で、これ以上のキャリアアプが難しいと感じている人にとって、「引き抜き」は良いチャンスになるでしょう。

また以前の会社の人間関係などに苦労している人は、「引き抜き」により新しい環境に身を置けるというメリットがあります。

「引き抜きのデメリット」

「引き抜き」があり、新しい職場に行くと、全く新しい環境が待っています。

前の会社とは人間関係も、仕事のやり方もまるで違います。

以前の会社でうまく仕事ができていた人が、新しい会社で活躍できる保証がありません。

また、「引き抜き」の際に、言われていた話と、実際が違っている可能性もあります。

このように、新しい環境に飛び込むというリスクを抱える事は、デメリットになるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典