スポンサーリンク

「応募」と「募集」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「応募」と「募集」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事では、応募と募集の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

応募とは?

応募とは、自分の方から募集しているものに応募するという意味があります。

食品やグッズなどで応募葉書や普通ハガキなどに商品に付いている応募券を貼って応募することでプレゼントが抽選で貰えるというときに使う言葉です。

キャンペーンと称して、商品が売れるようにプレゼントが当たるキャンペーンを開催しています。

様々な応募スタイルはありますが、一般的には商品に付いている応募券を切り取り、ハガキに貼って送るか、クイズを書いて送ります。

他にも応募には会社への面接に応募するときは履歴書を封書に入れてポストへ投函して送る、絵を描いた作品を郵送してコンクールに応募してプロに採点してもうらときにも使われています。

また、応募書類に必要事項を書いて送るなど、この言葉はビジネスシーンにも使える言葉です。

応募することで様々な情報を集める目的で企業はキャンペーンでどの年代や性別、都道府県に住む人が購入しているのかデータを集めることにも使われている言葉です。

募集とは?

募集とは、人や物を集めるために広く呼びかけることを意味しています。

募集することで必要な品や人を募り、集めるという意味合いもあります。

コンサートやイベントなどで条件を満たせる人を集めるために、日本全国か一定の場所から人を集めるためにSNSやサイトなどで募集するスタイルが増えています。

SNSであれば広い範囲から多くの条件を満たす人をより確実に集められます。

募集するときは、年齢は何歳から何歳まで、性別、スキルなど様々な条件を伝えることが多く、その条件を満たすことで応募可能。

また、より素晴らしい作品を集めたいときは海外にまで募集をかけて、作家を集めてテーマに合う素晴らしい作品を作ってもらおうと募集し、よりテーマに合う作品を作ってくれた作家には賞金や景品を出すこともあります。

企業では、より企業に貢献する人材を求人誌で応募していますが、応募するときはルールに添った書き方で書き、失礼のないよう期限内に応募することがマナーです。

応募と募集の違い

応募と募集の違いを、分かりやすく解説します。

よりいい人材を確保したいときや、作品を募りたいときに条件を付けて募集するのと、その募集に対して条件を満たしている人がリアクションを出して答えるのが応募という違うがあります。

応募の例文

・『その募集は3ヶ月前に終わっているので応募はできない』 ・『企業の求人を募集するには決められた求人票でお願いします』 ほとんどのキャンペーンの募集には応募できる期間が決められていますので、よくチェックしてから応募しましょう。

また、企業が求人を募集するときは作成して求人票を提出する必要があり、応募者が企業を選別するために必要です。

募集の例文

・『プロジェクトに必要な人材は条件を付けて募集する』
・『今度のキャンペーンは、商品に付いている応募券を官製ハガキに貼って募集してください』
プロジェクトに必要なスキルを持つ人材を募るために、一定のスキルを満たした人を幅広く募集することがあります。

また、時期によって企業がキャンペーンを立ち上げて、より商品をアピールし、購入意欲を刺激する。

そして売り上げを伸ばすために募集します。

まとめ

企業や個人でも必要だと思ったときは新聞や広告、ブログなど様々なスタイルで募集し、一人でも多くの人が応募できるようにします。

応募するときはよく応募要項を見て、抜けているところはないかよく見てから郵送しましょう。

募集するときはハードルを低くして、あまり欲張り過ぎない応募条件にすることで、より多くの人を集められるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典