「情報発信」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「情報発信」

職場や学校など、あらゆる場所で耳にする言葉が「情報発信」です。

「情報発信」「じょうほうはっしん」と読みます。

みなさんも耳にする機会が増えたのではないでしょうか。

さらに「情報発信」という言葉は、ほとんどの場合、ポジティブな意味で使われています。

「情報発信」をしていない人は、時代に乗り遅れている人という雰囲気もあります。

そのような現在知っておくべき言葉、「情報発信」の意味や使い方を紹介します。

「情報発信」の意味

「情報発信」には、どのような意味があるでしょうか。

そもそも「情報発信」「情報」には、「事柄の内容や様子、またはその知らせ」という意味があります。

さらに「発信」には、「電信や電波を発する事」という意味があります。

そのため「情報発信」には、「何かの事柄の様子や、知らせを、電信や電波で発する事」という意味があります。

一昔前なら、ラジオやテレビで情報を発信する事が、「情報発信」の唯一の方法だったかもしれません。

しかし、最近では、ネットを通じて個人が情報を発信できるようになりました。

そのため「情報発信」という言葉は、「ネットを通じて情報を出す事」という意味になっています。

「情報発信」の言葉の使い方

「情報発信」という言葉は、どのような場面でどのように使えばいいでしょうか。

現在「情報発信」という言葉を使う時は、ネットを通じて情報を出す事という意味で使われる事がほとんどです。

ツイッターやインスタグラム、ブログサイトなどを通じて、自分の活動内容を発信したり、日常の小さな出来事を発信したり、世の中で起きた出来事に対する意見を発信したりする事を「情報発信」と呼びます。

そのため、SNSやブログをしていない人に、時代に乗り遅れる、ビジネス上不利益になるという意味で、「情報発信した方がいいよ」「この時代は、情報発信力が勝負だよ」などというフレーズを使う事が多いです。

このように、ネットを通じて情報を出す事を推奨する時に、「情報発信」という言葉を使ってみましょう。

「情報発信」を使った例文

「情報発信」を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「情報発信」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えていきましょう。

「周囲」の例文1

「販売を開始した商品を、もっと消費者に知ってもらうために、『情報発信』を積極的に行う必要がある」

最近のビジネスシーンでは、「情報発信」の大切さが伝えられています。

実際にSNSなどを使った「情報発信」が、商品の魅力を伝える事に成功しているケースもあります。

「周囲」の例文2

「『情報発信』が大切だと思い、あらゆるSNSを始めたが、忙しくて本業がおろそかになった」

この例文に登場する人のように、「情報発信」に忙しすぎて、本業に支障が出る事があります。

発信する情報のもとをきちんと作る事が、「情報発信」よりも重要かもしれません。

SNSなどを通じて「情報発信」をする時も、無理のない範囲で行う事が大切です。

「情報発信」の注意点

みんなが「情報発信」しているから、みんなが「情報発信」すべきだと言うから、SNSを始めたりブログを始めている人が多いと思います。

しかし、情報を公開する事にはそれなりのリスクがあります。

個人情報を特定されて不利益にならないように注意する必要があります。

また、インスタグラムに定期的に画像をアップしたり、ツイッターに意見を載せるには、時間がかかります。

その時間に、他の本当に大切な事ができるかもしれないという事を、SNSなどを始める前に、念頭に置くべきでしょう。

「情報発信」する時は、たくさんの人に伝えたい事がある時、目的が合って情報を発信したい時に限るようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典