スポンサーリンク

「意味不明」と「理解不能」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「意味不明」と「理解不能」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「意味不明」「理解不能」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「意味不明」とは?

意味が不明と書いて「意味不明」

そこからもわかるように「意味不明」には、相手の言っていることや行動に対して、何を言っているのか、何をしているのか、わからない状態を意味しています。

最近では、少しでも意味が分からないと会話の中でも、「意味不明なんですけど」といった感じで使用されており、日常的に、また、非常に軽いニュアンスで用いられている言葉となります。

「意味不明」の類語には、「理解できない」「図りかねる」「把握できない」「めちゃくちゃな」「無茶苦茶な」などがあり、そこからも詳しい「意味不明」の意味を理解することができます。

「意味不明」の使い方

「意味不明な会話」「意味不明な行動」「意味不明なこと」といったように会話や行動に対し、わからないといった意味の使い方をはじめ、「意味不明なことを言うな」「意味不明でわかりません」などといったように会話文でも用いられることが多い言葉となります。

「理解不能」とは?

相手が言っていること、行動などに対し、理解することができない、共感することができない、納得することができない、といった状態を意味する「理解不能」

なぜ、そのようなことを言うのか、なぜ、そのような行動をとるのか、理解することができない状態を意味する言葉となります。

「理解」「不能」といった漢字が組み合わさり完成していることから考えれば、自ずと意味もわかりやすいものとなります。

「理解不能」の類語には、言っていることがばらばらで理解することができないといった意味の「支離滅裂」「チンプンカンプン」などがあります。

「理解不能」の使い方

「理解不能な出来事」「理解不能な行動」といったように相手に対し、「理解できない」といったことを表す使い方が主な使い方となります。

「意味不明」と「理解不能」の違い

大まかに言えば「意味不明」「理解不能」も同じような意味ですが、細かく言えば、多少、意味は異なってきます。

「意味不明」の場合、相手が話していること、行動していること、に対し、何を言っているのか、何を表現しているのか、わからないことを意味するのに対し、「理解不能」の場合は、相手が言っていること、相手の行動に対し、わかるだけの、理解するだけの、能力がないことを意味しています。

このような違いが、「意味不明」「理解不能」にはあり、使い方を間違える事で、少しニュアンスが変わってしまいます。

まとめ

以上が「意味不明」「理解不能」の違いです。

一見、同じような意味と思われがちな「意味不明」「理解不能」ですが、頭に「意味」が付くのか、「理解」が付くのか、によって、やはり、多少、意味が異なります。

そのため、それらを踏まえた使い分けが必要な言葉となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典