「愛おしい」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「愛おしい」とは?

「愛おしい」という言葉を知っているでしょうか。

もしかしたら、誰かから「愛おしい」と言われた経験がある人もいるかもしれません。

「愛おしい」「いとおしい」と読み、家族に対して、好きな人に対して抱く感情を表現した言葉です。

直接言われた経験がない人でも、きっとご両親や誰かから、「愛おしい」と思われているのではないでしょうか。

一方で「愛おしい」という言葉を、今回初めて目にしたという人もいるでしょう。

そこで「愛おしい」の意味や使い方を紹介します。

次に「愛おしい」と言われた時に、どのような意味で言われたのかが分かるようになるでしょう。

「愛おしい」の意味

「愛おしい」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「愛おしい」には、「切なくなるほど可愛い」という意味があります。

単純に「可愛い」と思うよりも、さらに上の感情が「愛おしい」という言葉には含まれています。

特に小さな子供を思う親の気持ちの中には、「愛おしい」という感情が含まれているはずです。

実際に子供の愛らしい仕草を見る親の表情を見ると、「可愛い」だけでなく「切ない」と感じるほど、心が大きく動いている事が分かります。

もちろん、子供に対してだけでなく、恋人や配偶者の事を「愛おしい」と思う事もあるでしょう。

「愛おしい」の言葉の使い方

「愛おしい」という言葉には、「切なくなるくらい可愛いと思う気持ち」という意味がありますので、そのような感情を持った時に使ってみましょう。

子供を持つ親として暮らしている人なら、子供の成長を見る度に、「愛おしい」という感情を持つのではないでしょうか。

そのような時に「愛おしい」という言葉を使いましょう。

また恋愛中の人も、彼氏や彼女、または片想いの異性を思うたびに、「可愛い」という感情と、「切ない」感情が入り混じるかもしれません。

そのような気持ちに気付いた時に、「愛おしい」という言葉を口にしてみましょう。

「愛おしい」を使った例文

「愛おしい」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「愛おしい」という言葉を使った文章を見る事で、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

「愛おしい」の例文1

「一人娘の成長を見ていると、『愛おしい』と感じる」

「愛おしい」という言葉を使う時に、いちばん多くある状況が、この例文のような状況ではないでしょうか。

父親が娘の成長を見る時、また母親が息子の成長を見る時などには、単なる「可愛い」という感情を超えた愛情が隠れています。

子供が可愛いだけでなく、もしこの子に困った事が起きたらどうしようとか、もしこの子が事故に巻き込まれたらどうしようなど、余計な心配をしてしまうのも愛情のひとつです。

「愛おしい」という言葉を使うほど、子供を愛する親に育てられると、子供も幸せな人生を送れるかもしれません。

「愛おしい」の例文2

「明日は『愛おしい』彼女と、デートに行く予定なので仕事に気合が入る」

この例文のように、彼女や彼氏の事を深く愛している人は、「好き」という感情を超えた、「愛おしい」という感情を持つでしょう。

そのような大好きな彼女とデートをする前日は、いつも以上に気合が入るはずです。

思う存分デートを楽しむためにも、やり残した仕事などがないように、気合を入れて仕事をするでしょう。

「愛おしい」の例文3

「好きなアイドルグループの推しメンを見ると、最近は『愛おしい』と感じる」

アイドルファンは、初めは「何となく好き」という感情を持っているだけのはずです。

しかし次第に「好き」になり、「大好き」になり、最終的に「愛おしい」の境地まで行くファンもいます。

この例文に登場する人も、推しメンを見ると「可愛い」と思うと同時に「切ない」と感じるほど、大好きになってしまったようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典