スポンサーリンク

「感傷に浸る」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「感傷に浸る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「感傷に浸る」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「感傷に浸る」とは?意味

「感傷に浸る」とは、ある物事に対して心を痛め、切なくなるような感情を強く感じているような心の状態の事を指す言葉です。

「感傷に浸る」の概要

「感傷に浸る」とは、「かんしょうにひたる」と読みます。

「感傷」とは、物事を感じて心を痛めたり、悲しんだり、同情する気持ちや心の様子を表す言葉です。

この「感傷」の部分の「痛み」とは、物理的に受ける「痛み」を表しているのではなく、心のどこかが苦しいような感情を指す言葉であり、過去の悲しかったり辛かったりする出来事を思い出して、心が切なくなったり、悲しくなっている状態を表しています。

そのため、非常に強く悲しい痛みを表しているのではなく、心のどこかで切なさのような悲しさを感じているという意味で使用される言葉です。

「浸る」とは、水などの液体に入る事を意味している言葉でもありますが、この場合はある心の状態に入る事を指しています。

この心の状態を指しているのが「感傷」という感情であるため、「感傷に浸る」とは、ある物事に関して心を痛めたり、切ない気分になったり、悲しい気持ちになったりという感情や状態を表している言葉となります。

「感傷に浸る」の言葉の使い方や使われ方

「感傷に浸る」とは、上記のように心を痛めたり、切ない気分になったり、悲しい気持ちになっているという感情や状態を表した言葉です。

そのため、過去に起こった悲しい出来事や、辛い出来事などを思い出した時に、物理的な痛みを受けている訳ではないのですが、心のどこかで切なく辛い気持ちになったり、悲しくなったりしたときに「感傷に浸る」と使用されます。

悲しい出来事はもちろん人それぞれで、例えば過去の失恋の思い出であったり、亡くなった家族の事であったり様々でしょう。

このように「感傷に浸る」場面は過去の出来事や現在起こっている事について表される感情であるため、これから起こる未来の出来事については、あまり「感傷に浸る」とは使われません。

「感傷に浸る」を使った例文

・『大好きだった別れた彼の事を思い出して感傷に浸り涙が溢れる』
・『彼は感傷に浸っているようだったので、そっとしておくことにした』
・『廃校となってしまった母校を思い出し、感傷に浸る』

まとめ

「感傷に浸る」とは、ある物事について心を痛めたり、切ない気持ちになったり、悲しい気持ちになったりする感情の状態を指した言葉です。

過去の思い出などで、悲しい出来事や、切ない出来事を思い出した際に、心が痛む事は誰しもが経験した事のある感情だと思います。

その場合、どうしても気分が沈んでしまったり、悲しい気分になったりする事もあるでしょう。

このような状態の事を「感傷に浸る」と表わされるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典