スポンサーリンク

「戸別訪問」と「個別訪問」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「戸別訪問」と「個別訪問」の違いと違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「戸別訪問」「個別訪問」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「戸別訪問」とは?

「戸別訪問」は、無差別に選挙期間中に支持者以外のお宅にお邪魔して支持を得る行為をさす言葉です。

この言葉は、選挙に用いられる言葉で「戸別」は選挙支持者が自分を支持してなくとも応援をお願いする行為をさします。

「戸別訪問」の使い方

「戸別訪問」の使い方は、対象となる人物が法律違反を犯してまで、支持者とは異なる人から支持を得ることをさします。

この言葉を使うには、選挙期間中に異なる有権者に自分の党を支持してもらうようお願いし、お願いを受けた側が 「戸別訪問」を受けたと申し出るか、第3社が申し出ることで成立する言葉です。

この言葉は違法行為に当たりますので「戸別訪問」を受けたとする人物は選挙法違反を申し出ることができ、「戸別訪問」をした人物を訴えることができます。

「個別訪問」とは?

「個別訪問」は支持者の方のお宅に議員自ら訪れ、自分の党派をアピールしたり、講演会を行うことで党派をアピールすることです。

こちらの行為は、違法ではなく、あくまでアピールというであるため、直接有権者の方に法を入れるよう指示をしていないのです。

ですが、議員自ら脅すような感じで有権者に支持を求めた場合、話は別でこちらは違法行為になり、有権者に票を入れるよう迫ったということで選挙法違反となります。

「戸別訪問」の使い方

「個別訪問」はあくまで自分の党を宣伝する手段で、自らの党に票を入れてもらうよう催促する行為ではないです。

催促をした場合、即座に、「戸別訪問」となり選挙法に違反してしまいます。

「戸別訪問」と「個別訪問」の違い

「戸別訪問」「戸別訪問」の違いですが「戸別訪問」は完全に選挙で票を入れるよう催促していて、選挙法違反です。

それに対して、「個別訪問」はというと、あくまで自分の党の宣伝ですので、違法行為には当たらないです。

ただし、自分の党に入れるように有権者に申し出たり脅すと「戸別訪問」となり違法です。

まとめ

「戸別訪問」「個別訪問」は、選挙に用いられる言葉で、それぞれ意味合いが異なります。

「戸別訪問」は完全に有権者の方に対して自分の党に票を入れるように進言しているため選挙法違反です。

しかし、「個別訪問」はというとあくまで自分の党の宣伝であるため、選挙法に触れておらず違法性はありません。

ですが、議員が自らの党に入れるよう有権者を脅したり、誘導する形でお願いをした場合、選挙法に触れ違法行為となります。

また、講演会でも自らの党を宣伝するのは「個別訪問」の延長で選挙法に触れませんが講演会で自らの党に入れるよう有権者に対して進言をしたり脅す行為をした場合、即刻選挙法違反となります。

もちろん、賄賂を渡して有権者を買収するという行為はなお悪質性があると判断されますので、こちらも同様選挙法違反となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典