スポンサーリンク

「才能」と「センス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「才能」と「センス」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「才能」「センス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「才能」とは?

「才能」の意味は、物事を巧みになしうる生まれつきの能力や才知の働きです。

例えば、『彼女は生まれながらに音楽の才能に恵まれている。』や『彼の才能を最大限伸ばしてやりたい。』などと使われます。

「センス」とは?

「センス」とは、物事の感じや味わいを微妙な点まで悟る働き。

感覚。

また、それが具体的に表現されたものを指す言葉です。

例えば、『彼は服のセンスが良くない。

』や『あの野球選手のバッティングセンスは抜群だ!』の様に使用されます。

また「センス」には 、判断力・思慮・良識と言った意味もあり、こちらは『社会人としてのセンスが問われる局面です。』といった風に使われます。

「才能」と「センス」の違い

上記で説明した様に、「才能」の意味は、物事を巧みになしうる生まれつきの能力や才知の働きを指す言葉で、「センス」とは、物事の感じや味わいを微妙な点まで悟る働きや感覚を指す言葉で、似てはいますが明らかに違いがある言葉なのです。

すなわち「才能」は、成績や成果が数値化して評価できる項目が優れている事を指すのに対し、「センス」は数値化して評価が難しく、感覚的なものの良し悪しを指す言葉であると言う違いがあるのです。

また「才能」は一般的には生まれながらの能力を指す事が多いのに対し、「センス」は生まれつきの事もありますが、後天的に学んだ結果で、収得する事が多い点も違いとして上げられます。

ただし、「才能」が生まれつきであると言う点に対して、異論を唱える人も少なくありません。

「才能」がある人は、高い評価を得た人に対して言われます。

では、その高い評価を得た人は、全く努力をしていないのでしょうか? 「才能」がある人でも、努力を重ねなければ大きな評価を得られる成果は出せません。

これが、「才能」は生まれながらとは言い切れないと言う論拠となっているのです。

しかし人並み以上の努力をしても、人並みの成果を出せない人もいます。

やはりこうした人は元々「才能」がないと言わざるを得ない事実もあります。

一方で「センス」も生まれつきのものだと言う人もいます。

しかしこちらは、「才能」以上に、後天的な努力によって良し悪しは変わると考えられます。

なぜなら、例えば服装の「センス」の良し悪しは、既存の服の色やデザイン等の組み合わせに過ぎません。

こうした組み合わせは、基本を習得すればそこそこコーディネイト出来ると言えるからです。

まとめ

「才能」の意味は、物事を巧みになしうる生まれつきの能力や才知の働きを指す言葉で、「センス」とは、物事の感じや味わいを微妙な点まで悟る働きや感覚を指す言葉で違う意味を表現する言葉です。

異なるポイントとしては、「才能」は数値化して評価できる事項に関わるのに対し、「センス」は数値化が難しい感覚に関わるものです。

また「才能」は一般的に生まれつきのものだとされていますが、「センス」は生まれつきより、後天的に形成されるものだとされている点も異なるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典