「振り向く」と「振り返る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「振り向く」と「振り返る」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「振り向く」「振り返る」の違いを分かりやすく説明していきます。

「振り向く」とは?

「振り向く」の意味と使い方について紹介します。

「振り向く」の意味

「振り向く」「ふりむく」と読みます。

意味は「顔や上体を後ろに回して見ること」「注目する、興味を持つ」になります。

「振り向く」の使い方

「振り向く」には以下の2つの意味があります。

1つ目は「顔や上体を後ろに回して見ること」は、身体を後ろに回してあるものを見ることを言い、「後ろで大きな音がしたので振り向いた」などと使います。

2つ目は「注目する、興味を持つ」という意味で、「彼を振り向かせてみせる」などに使われます。

「向く」は、「あるものの正面に位置すること」という意味で、「振り向く」「その物に視線を向ける為に上体の方向を変えること」という意味です。

ここから転じて「注目する」という意味でも使われる様になりました。

「振り返る」とは?

「振り返る」の意味と使い方について紹介します。

「振り返る」の意味

「振り返る」「ふりかえる」と読みます。

意味は「上体をねじって後ろを見ること」「過去の出来事を思い起こすこと」になります。

「振り返る」の使い方

「振り返る」には以下の2つの意味があります。

1つ目ば「上体をねじる様にして顔を背後に回すこと」という意味で、「名前を呼ばれて振り返る」などに使われます。

2つ目は「過去の出来事をもう一度考えること」という意味で、「反省点を振り返る」などに使われます。

「返る」「前の状態に戻ること」「反対向きになること」という意味で、「振り返る」でその物に視線を向ける為に上体をねじって顔を向ける動作」という意味です。

個々から転じて「過去のことをもう一度考える」という意味で使われる様になりました。

「振り向く」と「振り返る」の違い!

「振り向く」「後ろに視線を回す動作」「注意を向けること」です。

「振り返る」「後方を向くこと」「過去の出来事をもう一度考えること」です。

まとめ

今回は「振り向く」「振り返る」の違いをお伝えしました。

「振り向くは視線を向ける動作」「振り返るは後ろを向く動作」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典