スポンサーリンク

「支障が出る」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「支障が出る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「支障が出る」の意味を分かりやすく説明していきます。

「支障が出る」にはどのような意味があり、どのような使われ方をするでしょうか。

スポンサーリンク

「支障が出る」とは?意味

「支障が出る」「ししょうがでる」と読みます。

「支障が出る」は、差支えが出る。

さしさわりが出る」という意味があります。

「差支え(さしつかえ)」には、「都合の悪い事情」という意味があります。

何かをしたときに、都合が悪くなる場合、そのような状況になるような場合は、「支障が出る」という言葉を使うことができます。

「支障が出る」の概要

「支障が出る」は、物事に問題が出ることや、都合が悪い事情になることを示唆する言葉になります。

誰かが何かをしたときに、そのことによって問題が起こったり、悪い事情を招いてしまうような場面で、「支障が出る」という言葉を使うことができます。

ビジネスの場面では、「支障が出る」という言葉を使う場面が多くなります。

仕事のやり方などを間違えたり、仕事のスケジュールがハードすぎると、会社にとって、または他社との取引に、悪い状況が生まれる可能性があるため、「このままでは支障が出る」などと言います。

体調や精神状態などに、悪影響が出るような場面でも、「支障が出る」という言葉を使うことがあります。

「支障が出る」の言葉の使い方や使われ方

「支障が出る」は何かをしたことによって、悪い状況が待っているような場面で使う言葉になります。

例えば、A社と仕事をしているときに、同時に、A社のライバル会社と仕事をすると、A社との関係が悪くなってしまうかもしれません。

このような場面で、「B社と仕事をすると、A社との関係に支障が出るかもしれない」などという文章を作ることができます。

また、仕事を頑張るのは大切なことですが、頑張りすぎて寝不足が続けば、健康面に悪い影響が出ると考えることができます。

そのため、「徹夜続きで仕事をすると、体調に支障が出るのでほどほどに」などという文章を作ることができます。

「支障が出る」の類語や言いかえ

「支障が出る」の類語に、「差し障り(さしさわり)」があります。

「差し障り」には、「物事の進行に具合が悪い事情」という意味があります。

何かを進める時に、具合の悪い状況になりそうな場面で「差し障り」という言葉を使うことができます。

例えば、寝ないで仕事をすれば、仕事自体に悪影響が出ると考えることができます。

このような場面で、「寝ないで会社に行けば、仕事に差し障りがあるだろう」などという文章にできます。

他にも、「差し支え(さしつかえ)」も、「支障が出る」の類語になります。

「差し支え」には、「何かをするのに都合の悪い事情」という意味があり、「支障が出る」と似た意味があります。

まとめ

「支障が出る」という言葉について見てきました。

何かをしたときに、物事に問題が起こったり、悪い事情を招くようなときに、「支障が出る」という言葉を使ってみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典