スポンサーリンク

「数回」と「複数回」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「数回」と「複数回」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

数を数える表現は、とても多いです。

この記事では、「数回」「複数回」の違いを分かりやすく説明していきます。

間違えやすい言葉を、正しくつかんでおきましょう。

スポンサーリンク

「数回」とは?

数回とは、わずかな回数のこと。

具体的には3回から6回。

2回から6回くらいまでの間をさします。

数回の範囲を見極めるのはむずかしいのですが「自分で覚えていられる数」を数回とたとえることが多いです。

例えば3回は、覚えていられるので「数回」

4回や5回、そして6回目くらいまでなら、アバウトでも記憶は残るので「数回」です。

ただ50回や100回というと、どうがんばっても記憶はあやふやになります。

そのため自分で把握できる、6回くらいまでの回数を「数回」と呼んでいます。

使い方としては「引っ越しの荷物を、数回に分けて運んだ」「シフォンケーキを作るために、溶き卵を数回まぜた」などがあります。

1回や2回ではない、6くらいまでの小さな回数が「数回」です。

「複数回」とは?

複数回とは、2回以上のこと。

ただその範囲はあいまいで、3回のこともあれば50回のこともあります。

厳密にはルール付けされていないものの、1回ではない数が複数回です。

そもそも「複数回」「複数」とは2個以上の数のこと。

複数には「ひとつではない」という意味があります。

「ふたつ以上、物があること」を暗にしめす言葉です。

そのため「複数回」というと、1回ではない2回以上の数になります。

複数回の具体的な使い方としては「近所の住民が、不審者が歩いている所を複数回みた」「新幹線が複数回にわたり、運行を見合わせた」などがあります。

何度も繰り返しおこなわれた、そんなニュアンスで用いられる言葉です。

「数回」と「複数回」の違い

「複」という言葉がつくだけで、与えるイメージは大きく異なってきます。

「数回」「複数回」の違いを、分かりやすく解説します。

・多いのは「複数回」

数回は2回から、多くて6回くらいまでを指す言葉です。

一方で複数回は、2回以上をあらわす言葉。

つまり無制限に数を引きのばせるのが「複数回」

天井が定まっていないということもあって「数回」よりも「複数回」の方が、より多い印象をあたえます。

少ないと思う気持ちが、よりこもっているのが数回。

多いという気持ちが、より混ざっているのが複数回です。

使い分けに苦慮しやすいのですが、体感として少ないときには「数回」を。

多いと思った数には「複数回」と臨機応変に使い分けていきましょう。

まとめ

「数回」「複数回」の違いを、あらためてお伝えしました。

どちらも回数を伝える、数の表現です。

数回は2回から、6回までの少ない回数のこと。

複数回は2回以上の、やや多い数字をあらわしています。

どちらも「1回ではないこと」を伝える表現ですが「何度も繰り返しおこっていること」を、より強く伝えるのは複数回になります。

見極めをしっかりと付けておくと、日本語がさらに上手く話せるようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典