「方言」と「訛り」の違いとは?具体例も含め分かりやすく解説

スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「方言」とは?

「方言」とは、聞いたことがある言葉という方も多いでしょう。

地方へ行くと「方言」を使って地元の方は話すので、話している内容がわからないと感じる方もいらっしゃるはずです。

「方言」とは、地方だけで使われる言葉のことです。

なので、その土地になじみのある言葉になっているので、他の県の方が聞いても何を話しているのか内容が理解できないと感じる方もいらっしゃるので、その辺をきちんと理解しておくことは大切です。

特に旅行へ行ったときなどは、郷土料理店や地元のお店へ行くと、「方言」で話してくる方もいますし、やはりどことなく新鮮に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

旅行へ行ったときに地元の「方言」に増えてみるのもいいかもしれません。

「訛り」とは?

たまに会話していると、少しイントネーションが違うなぁと感じる方もいらっしゃるでしょう。

そういう場合、とくに地方から上京している場合、会話言葉の中でイントネーションが微妙に違う感じがする場合は「訛り」になります。

「訛り」とは、標準語と比較してみると地域特有の発音をさすことになります。

なので、会話の中でイントネーションの違いなどを若干感じることがあるはずです。

地方出身者の方が関東近郊に上京してきたとき、どうしても「訛り」が抜けないといったケースもあります。

やはり意識して話していないと、どうしても「訛り」が出てしまうので、その辺は直そうと思っていても長年住んでいた地域の「訛り」は体に染み付いている部分なので、なかなか改善しようとしても難しい部分があります。

「方言」と「訛り」の違い

「方言」「訛り」の違いですが、「方言」は地域独自の言葉なので、その土地以外の方が会話を聞いたときに理解できない内容などもあり、独特の言葉になっていることを「方言」といいます。

「訛り」は標準語の発音とは違ってイントネーションが少し違うような、その土地の発音をさすことになります。

やはり標準語とは違うので、独特のイントネーションを実感することができます。

この意味から分かるように、「方言」「訛り」は意味が違うことを理解することができるでしょう。

特に、標準語を話していると思っても、どことなく会話の中で発音が微妙に違うなぁと感じたり、イントネーションの違いなどで他の地域の方だと認識することもありますし、やはり「訛り」などはなかなか改善することができない方もいらっしゃいます。

少し話すとこうした「訛り」は親近感もわいてくるので、けっこう良い方向へと進むこともありますし、さほど気にしなくてもよいでしょう。

「方言」の具体例

「方言」の具体例ですが、関東は比較的に標準語とされています。

また、東北地方・九州・関西などによって方言の種類も違いがあるため、「方言」を比較してみるのも楽しいはずです。

例えば、「方言」の具体例として「早く来て!」という場合、熊本の方言では「早くきななっせ」と言うなど、やはり地域によって大きく違いがあることを意味しています。

ここでは、方言を使った例文と解釈をご紹介します。

「ここの席、とっとって」

ここの席、取っておいてね。

といった解釈です。

これは九州地方の「方言」です。

ここの席、取っておいてね。

という場合に使う言い方なので、他県の方が聞いても違和感があるような印象を受けることもあります。

けっこう九州地方の方言は独特なものが多いので、地元へ行くと他県の方が聞いても馴染みがないものも多々あります。

「おまえら何、言うてんねん」

おまえら何、言ってるの?といった解釈です。

これは関西地域の「方言」になります。

言い方が少しキツイ感じに聞こえるかもしれませんが、やはり関西人にとって馴染みがある「方言」になります。

関東の方が関西圏の方と会話すると、きつい印象を受けることもあるかもしれません。

「訛り」の具体例

「訛り」の具体例は、標準語を話したときのイントネーションの違い・発音が少し違うなぁと感じることなので、特にその辺を意識していなくても普通に会話したときに、この方は地方出身の方かな?と感じるケースがあるはずです。

会話の中でイントネーションの違いが分かるので、そういう部分は「訛り」になります。

「訛り」の中で特に違い何でるのは、「かき」です。

「かき」は、海の「かき」、フルーツで実になる「かき」など種類があり、どの「かき」をさすかによってイントネーションの違いがありますが、地域によってはあまり差がない部分もあり、やはり会話していると「かき」の呼び方は大きな違いがでてきます。

なので、地方出身者の方などこの「かき」の発音に関しては若干、地域によって差があるのも事実です。

なので、標準語の方が話す「かき」と他県出身者の「かき」の発音を比較してみると、違いがよく分かるので色々とチェックしてみるのもよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典

コメント