スポンサーリンク

「既成概念」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「既成概念」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「既成概念」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「既成概念」とは?意味

「既成概念」とは、これまでに出来上がっていたり、認められている一般的な考えを指す言葉です。

すでに出来上がっている物事や考え方を否定する場合に「既成概念を壊す」などと使用される場合もあります。

「既成概念」の概要

「既成概念」とは、「きせいがいねん」と読みます。

「既成」とは、一般的な考え方であり、すでに出来上がっているという意味を持つ言葉で、「概念」とは、客観的に見た物事の共通した考えを指す言葉です。

この二つの意味から「既成概念」とは、これまでにすでに出来上がっており、認められている一般的な考え方や共通の認識について指す言葉となります。

「既成概念」の言葉の使い方や使われ方

「既成概念」は、これまでにすでに出来上がっており、一般的と考えられている事柄について指す言葉です。

例えば、「海は青い」「空は青い」などと言った事は、一般的な共通の認識であり、誰しもが改めて考えなくても「そうなっている」と自然に思う事柄です。

このような事について「既成概念」と呼びます。

しばしば「既成概念を壊す」という言葉を耳にすることがあります。

「既成概念」を完全に信じ、それが絶対に正しいといった考えを改め、違った視点で物事を考えることによって、斬新な考えや、新しい発想を得るきっかけになります。

このような事から、「既成概念」ばかりにとらわれる事をせず、時には「既成概念」と違った視点で物事を考える必要があるのです。

「既成概念」を使った例文

・『彼の会社は既成概念にとらわれず、自由な発想を持った企業である』
・『海が青いという既成概念は、客観的に見ても変わる事のない事実だ』
・『既成概念を大きく壊すことで、新しい発想を思いつく事が出来る』

「既成概念」の類語や言い換え

「既成概念」と似ており、よく耳にする言葉として「固定概念」が存在しますが、実際には誤用であり、本来は「固定観念」が正しい表記です。

「固定観念」とは、正しいと思い込んで変える事ができない主観的な事柄や考えについて表す言葉であり、「既成概念」と少しニュアンスは違うため、似た言葉ではありますが意味は異なっています。

まとめ

「既成概念」とは、すでに出来上がっていて、一般的に共通の考えとなっている事柄を指す言葉です。

この「既成概念」は共通の認識であるため、「海の色」のように物事によっては不変で絶対な場合もあります。

しかし、「既成概念」は一般的に共通の認識であるため、その共通の認識という考えを改める事で、新しい発見や、違った視点での考えを導くきっかけになる場合もあります。

ビジネスなどの場面では「既成概念」にとらわれることなく、常に斬新で新しい発想が求められる事は言うまでもないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典