スポンサーリンク

「旧友」と「級友」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「旧友」と「級友」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「旧友」「級友」はどちらも「きゅうゆう」と読み、友人のことをいいます。

とても似ていますが、この二つの言葉はなにが違うのでしょうか。

詳しく説明します。

スポンサーリンク

「旧友」とは?

「旧友」は、古くからの友達のことです。

または、昔の友人のことを指すこともあります。

「旧」とは、前まえからある、もとからある、過去という意味の漢字で、「旧友」はその意味のとおりに、もともとの友人、前からの友人、古い友人のことをいいます。

昔から付き合いがあり、現在も蜜に交流している相手に対しても使えますが、昔は仲が良くて、現在はたまに会うくらいの間柄の友人に対し、「旧友」という言葉を使うことが多くなります。

同じような意味の言葉で、「幼馴染」というものもありますが、こちらは、子供の頃に一緒に遊んだ間柄の友人を指します。

「旧友」は、大人になってから友人になった人に対しても使用できます。

「級友」とは?

同じクラスの友達のことを指します。

「級」とは、「学級」「級」のことですが、同学年にいる友人を指すこともあります。

同じような意味の言葉に、「同級生」というものもありますが、「同級生」はそれほど親しくないクラスメイトに対しても使用できます。

「旧友」と「級友」の違い

「旧友」は、古くからの友人のことであるのに対し、「級友」は、同じ級の友人のことを指します。

昔、学校でクラスが一緒だった友人のことは、「級友」でもあり、「旧友」でもあるといえます。

「旧友」「級友」はどちらも読み方が「きゅうゆう」なので、同音異義語(どうおんいぎご)となります。

まとめ

「旧友」「級友」は、同じ読み方ですが、意味は少し違います。

二つの言葉の違いを知って、役立ててください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典