「早急な」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「早急な」

日本語には同じ意味でもいくつかの言葉があり、その一つが「早急な」です。

大枠として急ぎの胸を伝えたいときに使われることが多いです。

そしてプライベートの中で使われることは少なく、多くはビジネス会話や上下関係のある相手との会話にて使われます。

しかし「早急な」という言葉は正しい意味と使い方を理解しておかないと、失敗することもあります。

社会人として失敗しないうえでも「早急な」という言葉を理解しておくことは必要です。

「早急な」の意味

「早急な」という言葉は急いでいるという意味となります。

急いでいる程度についても普段と違い、余裕がないほど急ぐという意味を持ちます。

また「早急な」という言葉は読み方が二つあり、「さっきゅうな」「そうきゅうな」の二種類です。

前者は昔からの読み方であり、後者は最近の読み方ですが、意味についてはどちらも同じとなります。

また語尾に「な」が付くことで動詞としての意味も持ちます。

「早急な」の言葉の使い方

「早急な」という言葉は会話やメールなど、文章中にて使われます。

主には相手に対して何かをとにかく急がせたい時に活用されます。

多くの使われ方としては仕事や返事など相手に対して急ぎの対応をお願いするケースが多いです。

また時には相手からの返事の際に、急いで対応する旨を伝える際にも用いられます。

そして「早急な」という言葉はビジネス用語にも分類されるため、口語ではなく敬語・丁寧語に対して適応となります。

そのことからも仕事や上下関係のある関係の中で主に使われています。

「早急な」を使った例文・短文(解釈)

「早急な」という言葉は相手に対して急がせる場合に使われることが多いです。

またビジネス用語でもあるため、使い方を間違えてしまうと失礼な印象を与えかねません。

正しい使い方の例文と解説を紹介します。

「早急な」の例文1

「課長。 もうすぐ会議が始まりますのでもう時間がありません。 すいませんが早急な準備をお願いいたします」

この場合の早急なという言葉は仕事中での会話の中で用いられており、上司に非常に急いでいる旨を伝える意味で用いられています。

上司を急がせるということで謝罪を入れつつどれだけ急ぎかを伝えることで失礼のないように発言しています。

「早急な」の例文2

「次のミーティングまでの期限も差し迫っておりますので、私も出来るだけ早急なお返事をさせていただきますね」

この場合は相手に対してこちらが急いで返事するという意味で用いています。

また「私も」という言葉を入れることで相手に対しても同じように急いでほしいという意味を含めて伝えています。

そのため相手が目上の方であっても直接「早急なお返事をお願いします」と伝えなくても済みます。

「早急な」の例文3

「早急な対応をしていただきありがとうございました。 予定よりも早く仕事を完了することが出来ました」

この場合は相手が急ぎの対応をしてくれたことへの感謝の意味で使用しています。

また相手に対してプラスとなる意味で使うため、少し急ぐ程度でも「早急な」と使うことで「とても急いでくれてありがとう」というニュアンスを伝えることも出来ます。

「早急な」の例文4

「あの方はいつも何事に対しても早急な行動・対応をしてくれるのでとても助かっています」

この場合の早急なという言葉は、その場にはいない誰かを説明するうえで紹介の意味としての使い方となります。

ただ行動・対応が早いというのではなく、ほかの方と比較して非常に速いことを伝えています。

「早急な」の類語と解釈

「早急な」という言葉は非常に急ぐことを意味しますが、その類語はいくつかあります。

その一つが「迅速な」です。

どちらも同じような意味合いと勘違いする方も多いですが、「早急な」はとりわけ急ぎの意味に対し「迅速な」は物事の進展・進捗状況が非常に速く進んでいることを指します。

「迅速な」も自己や他者に対して使うことも可能です。

しかしその多くは人よりも仕事や予定など、物事に対して使用する意味で用いられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典