スポンサーリンク

「早食い」と「大食い」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「早食い」と「大食い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「早食い」「大食い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「早食い」とは?

人よりも早く食事を終えてしまう習慣がある人のことを早食いと言います。

早食いの人は、生まれた時から早食いだったわけではありません。

環境や必要に応じて早く食べるようになってしまいました。

例えば、育った家庭で食事はおしゃべりなどせずにさっさと済ませるべきという毎日を過ごしながら成長すれば、大人になったときには早食いが当たり前になります。

また、仕事をしているうちに必要に迫られて早食いになった人も少なくありません。

例えば、いつ何時呼び出されるか分からない消防署や警察に勤務している人の多くは早食いを良しとしています。

早食いの中には、ただ単に早く食べ終わってしまう人と早く食べるために満腹感を感じる前にたくさん食べてしまう人がいますが、いずれにしても健康的とはいえません。

よく噛まないまま飲み込んでしまうと消化に時間が掛かり、胃腸に大きな負担がかかります。

また、満腹感を得るまでたくさん食べてしまうといつでもカロリーオーバーに繋がり肥満街道まっしぐら。

早食いを健康に役立つことはひとつもありません。

「大食い」とは?

たくさん食べることができる人が大食いです。

テレビで大食いを競う番組を見たことがあると思いますが、そのときに信じられないくらいたくさん食べている大食い達はプロの大食いです。

「大食い」をする前にどのようなペースで過ごすのがいいのか、短時間でたくさん食べるためにはどうすればいいのかというテクニックを駆使し、頑張っています。

現在は、そのような人たちをフードファイターと呼ぶようになりました。

フードファイター達は、時間制限内にたくさん食べることを目的としているので、早く食べることも重要視しています。

大きな口で噛むよりも飲み込むようにも見え、食べ物がお腹の中に吸い込まれていくようです。

とても乱暴な食事にも思えますが、フードファイター達は食べ物に戦いを挑んでいるわけですから、一般の人が食事をする様と違うのは当然です。

「早食い」と「大食い」の違い

「早食い」「大食い」の違いを、分かりやすく解説します。

「早食い」は、食事のスピードが普通の人と比べて短時間である人のことを言います。

そして、「大食い」はたくさん食べる人のことです。

また、大食いの人はたくさん食べるために早食いでもあります。

まとめ

「早食い」「大食い」もマナーとしてはどちらも好ましいことではありません。

それでもテレビ番組で頻繁に人より早く、たくさん食べている姿を見かけるということは、食がひとつのエンターテイメントになってきた証と言えます。

ただ単に見栄えが良く美味しいものを紹介する番組から進化したわけです。

いまやフードファイター達の食べるという行為がスポーツのように観戦されるようになりました。

自分ではできない早食いや大食いを見事に成し遂げるフードファイターの特殊な才能に魅了される人は少なくないということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典