「明日の糧になる」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「明日の糧になる」について

「明日の糧になる」についてご紹介するので参考にしてください。

「明日の糧になる」の意味とは

「明日の糧になる」の意味は、今後の成長に必要と明日の糧になる」の読み方は「あしたのかてになる」です。

よく小説や資料・エッセイなどに用いられることが多いので、使い方や意味などご紹介するので参考にしてください。

なる経験を意味しています。

この経験とは、失敗した経験・悔やんだ体験などを指して言うことが多いので、今後の人生においてプラスになるような意味を込めた表現として用いることが多いです。

「明日の糧になる」の言葉の使い方

「明日の糧になる」の言葉の使い方とは、失敗した経験や悔いなど、悔しい思いをしたことは、今後において心の財産になるなど、自分にとってプラスになるような言葉の使い方をすることができます。

ポジティブな伝え方です。

「明日の糧になる」を使った例文

「明日の糧になる」を使った例文をいくつかご紹介するので参考にしてください。

「明日の糧になる」の例文1

「この経験は、きっと君にとって明日の糧になるよ」

この経験は、きっと君にとって今後の人生のプラスになるよ!といった意味が含まれています。

この経験は、失敗したかもしれないけれど、心の財産になるので色々と経験することは重要だといった意味も含まれていることがわかります。

「明日の糧になる」の例文2

「今回のピアノ発表会で経験したことは、明日の糧になる」

今回のピアノ発表会で経験したことは、心の財産になるので、かなりプラスになります。

きっと自分自身を成長させるチャンスになるので、ピアノ発表会で経験したことは、今後においてもプラスになることは間違いないでしょう。

「明日の糧になる」の例文3

「試合結果より今までの努力は、明日の糧になるので大丈夫!」

試合結果より今までの努力したことは、今後においてプラスになるので大丈夫ですよといった意味です。

試合結果も大事だけど、今まで経験して積み重ねてきたことはとても大切なので、この経験は今後において自分自身を成長させることができるといった意味も含んでいます。

「明日の糧になる」の英語と解釈

「明日の糧になる」の英語訳は、“It becomes the tomorrow’s bread”です。

英語は主語・述語によってニュアンスも大きく変わるので、熟語として覚えておくなど、使い方も種類が多いので色々活用方法を理解しておくと良いでしょう。

“That which was satisfied today becomes tomorrow’s provisions”「今日満足したことは明日の糧になる」といった意味になります。

満足した経験は今後、かなりプラスの経験になるといった意味を含んでいます。

「明日の糧になる」の類語や類義表現

「明日の糧になる」の類語や類義表現は、「役に立つ」「財産になる」といった伝え方があり、ご紹介するので参考にしてください。

「明日の糧になる」の類語「役に立つ」

「ホールで行われたピアノ発表会の経験は役に立つでしょう」ホールで開催されたピアノ発表会の経験は今後の人生において「明日の糧になる」でしょうといった意味です。

多くの人の前でピアノ演奏することは、自信もつき良い経験になるので、こうした経験はとても重要になるといった意味も含んでいます。

「明日の糧になる」の類語「財産になる」

「テニスの試合は、自分にとって財産になる」テニスの試合は、自分にとって「明日の糧になる」と言い換えることができます。

テニスの試合を行ったことで自分にプラスになる部分も大きいことを意味にしています。

試合時の緊張感や集中力など、こうした経験は自分の財産になることを意味しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典