スポンサーリンク

「時間がかかる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「時間がかかる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「時間がかかる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「時間がかかる」とは?意味

「時間がかかる」とは、作業や仕事、または行動などがすぐには終わらない状態のことを言います。

「時間がかかる」の概要

「時間がかかる」「かかる」は漢字で表すと「掛かる」になります。

「掛かる」にはさまざまな意味がありますが、何かの影響が及ぶ場合にも使われます。

なので、「時間が掛かる」だと時間に影響が及んでしまう、つまり時間が長く必要になると言うような意味合いになります。

「時間がかかる」の言葉の使い方や使われ方

「時間がかかる」の言葉を使った例文をいくつかご紹介します。

『この仕事はすぐに終わると思っていたが、予想外に時間がかかる上、最後までできないことが分かり、結局、無駄骨を折ってしまった』、『この作業はあらかじめ時間がかかると分かっていたので、十分な時間を取っておいたことで、タイムリミットを待たずに終えることができた』、『彼は作業に時間がかかるが、その分、丁寧な仕事をしてくれます』、『大雪で電車が遅延になったため、目的地に着くまでに、大幅な時間がかかってしまった』、『「○○に王道はなし」と言うように、どんなことでもその道を極めるためには、非常に多くの時間がかかるものだ』

「時間がかかる」の類語や言いかえ

「時間がかかる」と似たような言葉としては、「手間がかかる」「時間を取られる」「タイムロスになる」「時間を食う」、または「時間を要する」などが挙げられます。

まとめ

「時間がかかる」作業はあらかじめそうなると予想できる場合と、そうでない場合があります。

予想できる場合は前もって、計画などを立てることができます。

しかし、予想外に時間がかかってしまうこともあります。

このような時は、計画を変更したり、タイムスケジュールなどを見直さなければなりません。

どんなに予想をしていても、普段ではありえないようなことが起こることもあります。

また、時間がかかってもその作業が終われば良いですが、途中で中止をせざるを得ないこともあります。

仕事の場合はその作業が未完のまま終わってしまうと、収入に繋がらなくなってしまいます。

「時間がかかる」シチュエーションはいろいろ考えられますが、あまりにもうまく行かない場合は、早めに諦めて、他の方法を探す方が賢明かもしれません。

無駄な時間と労力、そしてストレスをできるだけ増やさないためにも、「時間がかかる」作業とうまく付き合っていきたいものです。

もし、予想外に「時間がかかる」ような状態になった時は、そこに執着するのではなく、一度休憩を挟むとか、中断するなどして、気分転換を図った方が良いでしょう。

気持ちを切り替えることができますし、新たな展開が見えてくることもあります。

できないことに固執しすぎていると、どんどんそこにはまってしまう可能性があるので気を付けたいものです。

そして、「時間がかかる」ことでも、それが苦にならないようなことに時間を使っていきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典