スポンサーリンク

「暗黙の了解」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「暗黙の了解」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、慣用句の「暗黙の了解」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「暗黙の了解」とは?意味

「暗黙の了解」の読みは「あんもくのりょうかい」で、「言葉に出さずに黙っていても、理解や意思疎通が図れ、了承できること」を意味する慣用句です。

「暗黙の了解」の概要

「暗黙の了解」の慣用句を構成する言葉に分解して、少し詳しく説明します。

まず「暗黙」とは「口に出さないで黙っていること」を意味する言葉で、「了解」とは「 物事の内容や事情を理解して承認すること」を意味する言葉です。

従って、二つの言葉をつなげた「暗黙の了解」「口に出さないで黙っていても、物事の内容や事情を理解して了承できること」の意味となるのです。

こうした「暗黙の了解」は、夫婦や親しい友人間で形成されることがよくあります。

また伝統のある会社などの組織内で形成されていて、それが「暗黙のルール」にまでなっていることも少なくありません。

さらに、社会全体でこうした「暗黙の了解」「暗黙のルール」が形成されることもあり、日本はどちらかと言うと「暗黙の了解」が形成されやすい社会と言えます。

「暗黙の了解」が夫婦や親しい友人間で形成されているケースでは、弊害はありません。

しかし、それがより広範な組織や社会で形成されやすいことは、無用なもめ事が生じにくいと言うメリットはありますが、同質性を重視し、異端や異論を受け入れない体質となるため、往々にして保守的傾向が強まり、思い切った発想等が黙殺されるデメリットも考えられます。

従って、健全な組織や社会の形成のためには、難しいことですが、基本的な価値観を大切にし、その面では「暗黙の了解」「暗黙のルール」が形成されており、その上で、自由で多様性も尊重することが重要だと言えるでしょう。

「暗黙の了解」の言葉の使い方や使われ方

「暗黙の了解」の慣用は、以下の例文のように使用されます。

・『各家庭には、その家庭ならではの暗黙の了解があるものです』
・『私達夫婦には、誕生日には特別な食事や贈り物は不要だが、結婚記念日には外食をし、贈り物を交わすと言う暗黙の了解があります』
・『社会人には基本的なビジネスマナーがあり、これはビジネス界で暗黙の了解となっています』
・『この会社には伝統的な暗黙の了解やルールがあるそうですが、教えてもらわないと、新入社員には分かりません』
・『産業界には、それぞれの既得権を守るための暗黙の了解が存在します』

「暗黙の了解」の類語や言い換え

「暗黙の了解」「暗黙のルール」や」「不文律」や 「阿吽の呼吸」や「紳士協定」なとと言い換えることが出来ます。

まとめ

「暗黙の了解」の読みは「あんもくのりょうかい」で、「言葉に出さずに黙っていても、理解や意思疎通が図れ、了承できること」を意味する慣用句です。

「暗黙の了解」は、夫婦間や親しい友人間や各家庭や、また会社等の組織や、さらに社会全体にも一定程度、存在しているものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典