「曲がったことが嫌い」と「流されにくい性格」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「曲がったことが嫌い」と「流されにくい性格」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「曲がったことが嫌い」「流されにくい性格」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「曲がったことが嫌い」とは?

「曲がったことが嫌い」の意味と使い方について紹介します。

「曲がったことが嫌い」の意味

「曲がったことが嫌い」は、「倫理や道徳を重んじ、正義感が強く、間違ったことや非常識な行動はしない性格のこと」です。

「曲がったことが嫌い」の使い方

「曲がったことが嫌い」は、倫理や道徳を重んじ、正義感が強く、特に「間違っていること」「道理に合わないこと」はしない性格のことを言います。

常に何が正しくて、何が間違っているかを判断して、良くないことに関しては断固として拒否します。

人が「これ位大丈夫だろう」「自分一人位なら分からないだろう」と思うことでも、その人の中では絶対許されない行為です。

間違ったことはしないのですが、だからと言って良いことを積極的にするとは限りません。

「流されにくい性格」とは?

「流されにくい性格」の意味と使い方について紹介します。

「流されにくい性格」の意味

「流されにくい性格」は、「周囲の雰囲気やノリに合わせて簡単に行動しない人」という意味です。

「流されにくい性格」の使い方

「流されにくい性格」は、周囲の雰囲気やノリに合わせて自分も同じことをしたり、大勢の人がそう言っているからと、自分の意見を簡単に変えたりしない人のことを言います。

良く言えば「自主性があり芯が強い性格」で、悪く言えば「協調性がない性格」です。

自分をしっかりと持っているので、人に合わせて「しなければ良かった」と後悔することが少なくなります。

ただし、流れに乗れずに絶好のチャンスやタイミングを逃してしまうこともあります。

「曲がったことが嫌い」と「流されにくい性格」の違い!

「曲がったことが嫌い」「倫理や道徳を重んじ、正義感が強く、間違ったことや非常識な行動はしない性格のこと」です。

「流されにくい性格」「周囲の雰囲気やノリに合わせて簡単に行動しない人」という意味です。

まとめ

今回は「曲がったことが嫌い」「流されにくい性格」の違いをお伝えしました。

「曲がったことが嫌いは正義感が強い」「流されにくい性格は自主性が強い」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典