スポンサーリンク

「書き直す」と「書き換える」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「書き直す」と「書き換える」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「書き直す」「書き換える」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「書き直す」とは?

「書き直す」というのは自分で書いた文章などを読み返してダメな箇所があった時にそこを改めて書く行為を指します。

なので、「書き直す」というのはその文章が間違っていた時等に行うことになります。

また、文章自体は間違っていなくても自分が書いた文字が汚いと感じた時等も「書き直す事」があります。

「書き直す」というのは基本的にその内容が良いか悪いかよりも書き手が良くないと思ったかどうかで書き直すかどうか決める事が多いです。

なので、文章の内容がそこまで悪くない場合でも納得できないと感じた時は「書き直す事」があります。

「書き換える」とは?

「書き換える」というのはその文章の内容を一部書き換えるというようにその文章の内容にマズい部分があった時に使う事になります。

なので、きほんてきに文章の内容が問題ないと感じる時はわざわざ「書き換える」という事はしないです。

例えば文章の表現があまり良くないと感じた時等にもっと良い表現に「書き換える」といった感じで使う事になります。

「書き直す」と「書き換える」の違い

「書き直す」と書き換えるの違いですが、「書き直す」というのはその文章の内容自体は大きな不満がない時でも、文字が汚いと感じた時等に「文字を書き直す」といった感じで使いますが、「書き換える」というのはそもそも書いてある文章の内容がマズいと感じた時にその内容を根本的に変えてしまうという時に使います。

「書き直す」は書いてある内容までは変えるつもりはなく、「書き換える」というのは普通にその内容に問題があって変えてしまうという時に使うというのがあるのでその意味合いはかなり違いがあります。

「書き直す」も書き換えるも書いてある内容を変えるという点では同じです、「書き直す」はあくまで内容までは変えないで、字を綺麗に修正するといった感じで使うものです。

それに対して「書き換える」は書いてある内容に問題を感じた時にするもので、そもそも今書いてある内容を変えてしまうためにするものです。

まとめ

「書き直す」「書き換える」も今書いてある文章を修正するという点では同じですが、その修正の内容に大きな違いがあります。

「書き直す」は文字を間違えていた時に文字を「書き直す」といった感じでやるものですが、「書き換える」はその文章の内容そのものに不満があって帰る行為になります。

なので、「書き直す」「書き換える」も両方とも同じようなものだと感じる人もいるかと思いますが、その内容は大きく異なります。

「書き直す」は内容自体はそのままでも問題ないと思っている事が多いので、最悪そのままでも大きな問題はないですが、「書き換える」という時はその文章の内容自体を問題だと思っている事が多いので、書き換えないと読み手に間違ったメッセージを送ってしまう事もあります。

なので、重要度は「書き換える」の方があるという事になります。

「書き換える」は相手に正しい意図を伝えるためにかなり重要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典