スポンサーリンク

「服装」と「身なり」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「服装」と「身なり」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「服装」「身なり」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「服装」とは?

「服装」「ふくそう」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「衣服や装飾品などを身に付けた見た目」という意味で、どの様な衣服やアクセサリーを身に付けているかという概念的なものを表します。

2つ目は「衣服を身に付けること」という意味で、一般的に洋服を着ることを表します。

上記に共通するのは「衣服を身に付けた状態」という意味です。

「服」「身につけるもの」という意味、「装」「よそおう」とも読み、「衣類などを着けて身づくろいする」という意味、「服装」「衣類など身に付けるものでみづくろいすること」になります。

「服装」の使い方

「服装」「衣服や装飾品などを身に付けた見た目」「衣服を身に付けること」という意味で使われます。

名詞として「~の服装をする・した」と使われたり、副詞として「~の服装で」と使われたりします。

基本的に、実際に身に付けている衣服や装飾品、またはそれらを身に付けた状態に対して使われる言葉です。

「身なり」とは?

「身なり」「身形」と書き、意味は以下の通りです。

1つ目は「衣服を着けた姿」という意味で、人から見て衣服を身に付けた全体的な姿のことを言います。

2つ目は「身体の格好」という意味で、人による体つきのことを言います。

上記に共通するのは「姿形として見える」という意味です。

「身」「からだ」という意味、「形」「かたち」とも読み「外に現れた姿」という意味、「身なり」「外に現れた身体の形のこと」になります」

「身なり」の使い方

「身なり」「衣服を着けた姿」「身体の格好」という意味で使われます。

名詞として「身なりを整える・整えた」と使われたり、「~な身なりで」と副詞として使われたりします。

基本的に、衣服だけではなく髪型や持ち物、立ち姿など、総合的に外から見える人の姿かたちに使われる言葉です。

「服装」と「身なり」の違い

「服装」「実際に身に付けている衣服や装飾品、またはそれらを身に付けた状態」という意味です。

「身なり」「服だけではなく髪型や持ち物、立ち姿など、総合的に外から見える人の姿かたち」という意味です。

「服装」の例文

・『明日のパーティーどんな服装で参加したら良いですか』

・『初対面で相手に好印象を与えるには服装も大切だよ』

・『ホテルにはドレスコードがあるから服装にはくれぐれも注意しなさい』

・『彼女はおしゃれにうるさくて、服装だけでなく持ち物までチェックされる』

「身なり」の例文

・『もっときちんとした身なりで行かないと相手に信用されないよ』

・『彼はいつも身なりを構わないので、誰か注意してあげるべきだ』

・『非常にちゃらちゃらした身なりの男性に声をかけられた』

・『彼は身なりは良くないが実は資産家のご子息だ』

まとめ

今回は「服装」「身なり」について紹介しました。

「服装」「衣服や装飾品」「身なり」「外から見える姿」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典