スポンサーリンク

「朝鮮特需」と「特需景気」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「朝鮮特需」と「特需景気」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「朝鮮特需」「特需景気」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「朝鮮特需」とは?

「朝鮮特需(ちょうせんとくじゅ)」とは、「1950年に北朝鮮が38度線を越えたことで勃発した朝鮮戦争によって生まれた、日本の製造業・サービス業に対する特別に大きな需要」のことです。

「朝鮮特需」というのは、「朝鮮戦争によって、在朝鮮米軍・在日米軍の日本企業に対する軍事物資やサービスの需要が急激に増えたこと(戦後日本の経済復興を促進する好景気の引き金になったこと)」を意味しているのです。

「朝鮮特需」の金額は1950年から1952年までに約10億ドル、1955年までの間接特需で約36億ドルにもなりました。

「特需景気」とは?

「特需景気(とくじゅけいき)」とは、「戦争紛争・気候・流行(社会現象)などによる特別に大きな需要によって好景気になること」「何らかの社会現象・社会変動に伴う好景気の通称」を意味しています。

「特需景気」という表現には、「朝鮮特需」をピンポイントで指す意味合いもあります。

「朝鮮特需」と特需景気」の違い!

「朝鮮特需」「特需景気」の違いを、分かりやすく解説します。

「朝鮮特需」「特需景気」は同じ意味の言葉として使われることもありますが、「朝鮮特需」というのは「特需景気の一種」であるという違いがあります。

「特需景気」というのは「朝鮮戦争のような戦争も含めたさまざまな社会現象が引き金になって起こる需要の急増と好景気」のことであり、「朝鮮特需」「朝鮮戦争に伴う日本企業への需要急増と好景気」を意味している違いを指摘できます。

「朝鮮特需」「典型的な特需景気の一つ」として理解することができますが、「特需景気」「朝鮮特需」の意味で使われることもあります。

まとめ

「朝鮮特需」「特需景気」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「朝鮮特需」とは「朝鮮戦争の勃発によって、在朝鮮アメリカ軍・在日米軍から日本企業に向けて発注された物資・サービスの特別に大きな需要(戦後日本の経済復興を促進した朝鮮戦争による大きな需要)」を意味していて、「特需景気」「戦争紛争・気候変動・災害などの特別な需要によって好景気になること」「朝鮮特需のこと」を意味している違いがあります。

「朝鮮特需」「特需景気」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典