スポンサーリンク

「本人持家」と「家族持ち家」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「本人持家」と「家族持ち家」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「本人持家」「家族持ち家」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

是非ともこの2つの言葉の違いを把握して、ご自分で適切と思われるシーンで使い分けてみてください。

スポンサーリンク

「本人持家」とは?

最初に「本人持家」の意味をご説明致します。

「本人持家」の意味としては、基本的に世帯主と家の名義が本人であるという意味を指しております。

是非とも把握して、抑えておいてください。

「家族持ち家」とは?

次は「家族持ち家」の意味を解説していきます。

「家族持ち家」の意味としては、基本的に自分以外の家族が世帯主であったり、名義があることを意味しておりますので、参考にしておいてください。

「本人持家」と「家族持ち家」の違い

この項目では「本人持家」「家族持ち家」の違いを解説していきます。

「本人持家」「家族持ち家」の違いとは、上で解説をした「本人持家」「家族持ち家」の意味を理解していただけると自ずと違いは見えてくるでしょう。

「本人持家」というのは、本人が世帯主だったり、名義があることを意味しております。

「家族持ち家」というのは、本人以外の家族の誰かが、世帯主であったり名義があることを意味しているのです。

もちろんですが、「家族持ち家」の場合、祖父母や叔父でも名義は構いません。

以上が「本人持家」「家族持ち家」の違いとなります。

「本人持家」と「家族持ち家」の使い方の違い

次の項目にて「本人持家」「家族持ち家」の使い方の違いを見ていきましょう。

上で解説した違いを照らし合わせていただくと、自ずと使い方まで見えてきます。

「本人持家」というのは、簡単に言うと本人の名義の家です。

「家族持ち家」というのは、本人以外の家族名義の家となるのです。

したがって使い方としては、こうなってきます。

前者の場合は、「この度、本人持家で家を建てた~」という使い方が妥当です。

また後者としては、「家族持ち家であり、ローン等の事は詳しく分からないので~」という使い方が分かりやすいでしょう。

「本人持家」を使った例文

・『本人持家なので自費で修繕しなくてはいけない』
・『ローンの事は、本人持家なので熟知している』
・『本人持家なので名義等も自分である』
・『ローンを滞ると本人持家の名義人に催促が来る』
・『本人持家の人は責任感を持っている人が多いかもしれない』

「家族持ち家」を使った例文

・『家族持ち家なので、自分はローンの事はノータッチです』
・『家族持ち家というと堅苦しいが、お爺ちゃん名義の家です』
・『家族持ち家なので、修繕費は祖父が用立てている』
・『家が老朽化してきており、家族持ち家の名義人も変更しようかという話が出ている』
・『家族持ち家ですので、自分の名義ではない』

「まとめ」

まとめとして、「本人持家」というのはご自分名義の家を指しています。

また、「家族持ち家」というのは、ご自分以外の家族名義の家を意味しております。

是非とも把握して、適切と思われるシーンで使い分けてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典