スポンサーリンク

「本質」と「真実」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「本質」と「真実」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「本質」「真実」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「本質」とは?

「ほんしつ」と読み、物事の根本的な性質や要素のことを指します。

そのものの、本来の姿を表しています。

また、哲学では、存在するものの基底や本性をなすものという意味があります。

「本質」の使い方

ものごとの根本的なことについて触れるときに使います。

「本質をつかむ」「本質が理解される」などと、使用します。

また、「本質的な」ということも多くあります。

「真実」とは?

「しんじつ」と読み、嘘や偽りではない、本当のことという意味です。

「真」は、嘘や偽りがないこと、本当のところという意味があり、「実」には、うそ偽りのないこと、本当のところという意味や、誠実な気持ちや真心という意味があります。

この二つの漢字の組み合わせで、嘘ではない、本当のことという意味の言葉です。

「真実」は、「事実」と同じような意味ですが、「事実」は現実に起きていることに対して使用します。

それに対し、「真実」は起きたことに対する、自分なりの解釈が入ることが多くなります。

人間が社会的存在であることから、殆どの場合、その解釈はほかの人と共有できる、ある程度社会性のあるものになります。

しかし、解釈がほかの人とかけ離れたものになる場合もあります。

また、個人的な主観が許されない場合もあります。

その場合には、「真実」とされないこともあり、ほかの人から見ると、嘘になってしまう危険も孕んでいます。

仏教用語で「真実」といった場合には、究極のもの、絶対の真理、真如(しんにょ)という意味になります。

「真実」の使い方

「真実は」「真実だ」のように使います。

事実に対する偽りのない解釈を、行うときなどに使われます。

人が解釈を語るときに、「真実を告白する」などといいます。

「本質」と「真実」の違い

「本質」は、ものごとの根本的な性質や要素のことを指します。

それに対し、「真実」は、うそや偽りではない、本当のこと、事実に対しての解釈という意味になります。

「本質」には、解釈という意味はとくにありません。

また、「本質」は、英語にすると“essence”で、根本的な要素という意味があります。

要素は、ものごとを成り立たせるもとで、それ以上には簡単なものにできないという意味です。

「真実」は、要素というよりは、本当のこと、嘘がないことという意味で、主観的な解釈が入る言葉です。

「本質」の例文

・『本質を理解している人ほど、寡黙になりがちです』
・『とてもおしゃべりな男なのに、本質的な部分に関しては口をつぐんでいる』
・『ものごとの本質を見極める目を持っている人のことは、侮れない』
・『何年経っても、あの人の本質が分からない』

「真実」の例文

・『真実は一つしかありません。謎を解明しましょう。』
・『真実を確かめてから、また出直します』
・『あの子はまだ、真実の愛を知らない』

まとめ

この二つの言葉は、意味が似ています。

違いを知って、使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典