スポンサーリンク

「柏原市」と「橿原市」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「柏原市」と「橿原市」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「柏原市」「橿原市」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「柏原市」とは?

「柏原市」「かしわらし」と読みます。

大阪府の南東部、大阪府と奈良県の県境に位置する市です。

人口は67800人ほどで、大阪市のベッドタウンとなっています。

大阪都心からは約20kmの距離で、市の3分の2を山地が占める緑豊かな土地となっています。

「柏原市」はブドウの産地であり、山麓を利用してブドウ栽培が行われています。

栽培されている品種は30品種以上で、主なものにはデラウエア、マスカットベリーA、シャインマスカット、ピオーネなどがあります。

「橿原市」とは?

「橿原市」「かしはらし」と読みます。

奈良県の中央部に位置する市です。

人口は約121000人で、奈良県内では奈良市の次に多い人口となっています。

市内には平坦な土地が広がっています。

大和朝廷時代には中心となり、江戸時代には都市が栄え、神社仏閣、歌集・万葉集に詠まれた土地が多く残っています。

「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」が世界遺産候補として推薦されています。

「柏原市」と「橿原市」の違い

「柏原市」「橿原市」は、まったく別の地域にある市です。

「柏原市」「かしわらし」と読む、大阪府にある市を指します。

「橿原市」「かしはらし」と読む、奈良県にある市です。

まとめ

漢字の読み方は似ていますが、2つの市はまったく別の場所にある別のものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典