スポンサーリンク

「概念」と「定義」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「概念」と「定義」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「概念」「定義」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

是非使い方や違いを把握して、自由自在にこの2つの言葉を使い分けてみてください。

スポンサーリンク

「概念」とは?

最初に「概念」の意味をご説明致します。

「概念」の意味とは、物事の主な部分を取り上げたり、まとめたりする(してある)という意味になります。

論理学では、本質を見抜く(とらえる)という意味でも使うことがありますので、是非とも参考にしておいてください。

「定義」とは?

次は「定義」の意味を解説していきます。

「定義」の意味としては、自分が対象としている物事の内容が他の物事と明確に区別する意味として使います。

基本的に言葉で説明する際に多用するので、押さえておいてください。

参考になれば幸いです。

「概念」と「定義」の違いとは?

この項目において「概念」「定義」の違いを説明していきます。

「概念」「定義」の違いは、解説した意味を照らし合わせてみてください。

すると違いや使い方まで見えてくることでしょう。

「概念」というのは、物事の主な内容や本質を見抜く際やまとめるという意味があります。

「定義」の方は、自分が対象としている物事の内容が他の物事が言葉で明確に違うということを説明できる時や人に使います。

以上が「概念」「定義」の違いとなります。

「概念」と「定義」の使い方の違い

ここでは「概念」「定義」の使い方の違いを見ることにしましょう。

「概念」を使う場合は、「先生はいつも概念を掴んでいるので授業が分かりやすい」というのがしっくりくる使い方になるでしょう。

「定義」の方は、「巡洋艦と戦艦は定義されている」というのが分かりやすい使い方になってきます。

「概念」を使った例文

「概念」を使った例文を書いていきます。

・『固定概念を覆した』

・『概念を掴んでいると、すぐに応用ができる』

・『あの人は概念を掴んでいないので、話が通じない』

・『理屈という概念から外れてしまう』

・『この条約の概念は健艦競争を防ぐ意味がある』

以上が「概念」を使った例文になりますので、把握して覚えておいてください。

「定義」を使った例文

「定義」を使った例文を書いてみます。

・『戦艦の定義は大砲を搭載していることだ』

・『数学の授業の定義が分かっていないようだ』

・『爆撃と雷撃の定義を区別して、説明することで相手も理解しやすいはずだ』

・『定義という意味を知らないと、後々混乱を招くだろう』

・『教科書と参考書の定義の違いを説明した』

以上が「定義」を使った例文になりますので、参考になれば幸いです。

「まとめ」

では、まとめとなりますが、「概念」というのは、物事の主な内容や事柄、本質を見抜く意味として使いますので、押さえておいてください。

「定義」の場合は、自分が対象としている物事の内容等が他の物事の内容等を明確に区別し、尚且つ言葉で相手に説明できる才に使いますので、覚えておくと便利でしょう。

この2つを上手に使いこなして、日々の生活がスマートになることを祈っております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典