スポンサーリンク

「構図」と「ポーズ」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「構図」と「ポーズ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「構図」「ポーズ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「構図」とは?

「構図」には3つの意味があります。

1つめは、絵画や写真などで仕上がったときに、どのように見えるかなどを考えて画面を組み立てることです。

絵画のことで考えてみます。

山・湖・空を描くとします。

このとき、山を中央に配置するのか、右側に配置するのか、左側に配置するのかによって、全体の印象が変わります。

また、湖をどこに配置するのかのよっても印象が変わります。

さらに、山や湖などをどれくらいの大きさで描くのか、空が占める割合はどれくらいにするのかなどによっても、仕上がったときの印象が変わります。

どのように仕上げたいのかを考え、どのように見えるのかに配慮して画面を構成をすることを「構図」といいます。

2つめは、組み立てられた図形です。

3つめは、物事を全体的に把握したときのすがた・かたちです。

「事件の構図」のような使い方をします。

この場合は、事件を全体的にとらえたときに、どのような様子なのか、姿をしているのかといった意味になります。

ある部分だけを取り上げている、といったことではありません。

「構図」の使い方

絵画や写真などの組み立ての意味で使用することが多いです。

「ポーズ」とは?

「ポーズ」“pause”と綴る場合と“pose”と綴る場合があります。

“pause”の意味は、中止、休止、一時停止です。

テレビやDVDのリモコンに「ポーズ」あるいは「停止」というボタンがあるはずです。

このボタンを押すと映像が一時的に停止します。

こういった、とまることを意味しています。

“pose”には2つの意味があります。

一つは姿勢です。

特に絵画や彫刻などのモデルがとる姿勢を意味しています。

もう一つの意味は、気取った態度、見せかけの態度です。

強そうな態度をとっている人がいたとします。

しかし、この人は内心では怯えていて、それを隠すために強く見えるようにしています。

強く見せているのは「ポーズ」にすぎないのです。

「ポーズ」の使い方

録画などの一時停止、あるいは姿勢の意味で使用をします。

日本人は“pause”“pose”も同じように発音しますが、使用する場面によって意味を判断しています。

「構図」と「ポーズ」の違い

「構図」の写真や絵画の意味と“pose”と綴る「ポーズ」の意味が似ていますが、同じことではありません。

「構図」とは画面の構成です。

一方、「ポーズ」は姿勢のことです。

全体を考えたときの配置のことではありません。

「構図」の例文

・『構図を考える』
・『この写真の構図はいい』
・『構図をよく考えなかったため失敗した』

「ポーズ」の例文

・『首をかしげたポーズ』
・『同じポーズでい続けるのは体がつらい』
・『ポーズがきまらない』

まとめ

どちらの言葉も写真や絵画などで使われることがありますが、それぞれの意味は異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典